注目ワード衆議院解散 みんな解党に怒号 向井理・国仲涼子結婚へ ダルビッシュ交際宣言の裏事情 最後の砦は誰

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

中学担任教師に責任ないのか 「いじめの疑問に自ら説明すべき」との声

J-CASTニュース7月13日(金)19時49分

   男子生徒の自殺を巡り、滋賀県大津市立中学2年の担任教師が自ら説明しようとしないことに、疑問が噴出している。写真週刊誌の取材にも、軽く流していたというのだ。



「担任の先生が出てきて、説明すべきではないか」


緊急保護者会にも姿を見せず

   滋賀県警が異例の強制捜査に乗り出したことを受け、中学校では2012年7月12日夜に緊急の保護者説明会を開いた。しかし、報道によると、保護者ら約700人を前に、担任の男性教師は最後まで現れず、不満の声が渦巻いた。


   これに対し、校長は、理由は示さずに、「私の判断で出席させていない」とだけ説明したという。


   いじめを巡っては、担任らに「見て見ぬふり」があったのではないかと指摘されている。学校が行った生徒アンケートでも、いじめた男子生徒らが被害生徒にプロレス技をかけても、担任は「やりすぎるなよ」と声をかけただけで、笑っていたともいうのだ。


   さらに、被害生徒から担任に「何とかしてほしい」と涙ながらに電話が数回かかってきたものの、いじめに十分な対処をしなかったという。また、生徒が自殺した当日、加害生徒3人が教室に張ってあった自殺生徒の顔に画びょうを突き刺し、「死んだらええねん」と発言したのを担任は何もとがめなかったとの証言も出ている。


   一方、被害生徒の父親が市教委などを訴えた訴訟では、市側は、「やりすぎるなよ」と担任が声をかけたことを認めながらも、いじめをやめさせるための発言だったと主張した。被害生徒からの電話については、担任は「いじめに関するものでなかった」と言っていたという。


   生徒の証言を含め、真相はよく分からないままだ。しかし、担任に一層の説明を求める声が強いのは確かだ。



なぜかハングル教育に力入れる

   写真週刊誌「フライデー」では2012年7月9日朝、大津市内の自宅から出勤しようとする担任の男性教師を直撃取材した。しかし、12日発売号の記事によると、「フライデーです」と名乗って質問をぶつけても、担任は鼻唄で質問を遮り、「敷地内に入らないでくださいね〜」と話しただけだったそうだ。担任はそのまま自家用車で走り去っている。


   記事では、担任は、生徒自殺後にしばらく悩んでいたが、めげてはいけないと思い直したとも指摘している。


   担任は、2年前までは、滋賀大学教育学部附属中学に勤務している。一体どんな教師だったのか、学校に取材すると、副校長は「個人的な情報につきましては、お答えを差し控えさせていただいています」と答えるだけだった。


   この中学では、担任は、ハングル教育に力を入れていたようだ。副校長によると、修学旅行は韓国に行っているため、教師はみな何らかの形でハングルに関わっているのだという。ただ、ネット上では、なぜ英語習得も中途であるはずの中学校でハングルなのかとの疑問が出ており、自民党の片山さつき参院議員も、「かなり変わっているな」と違和感を持ったことをブログで明かしている。

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

J-CASTニュース

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

芸能写真ニュース

Twitter公式アカウント

BIGLOBEニュースをツイッターでも配信しています。

BIGLOBE恋愛&結婚

「中学担任教師に責任ないのか 「いじめの疑問に自ら説明すべき」との声」の関連ニュース

注目ニュース
緊縛、熱した電動ドリルを脚に…24時間拷問か 男3人を逮捕 産経新聞11月22日(土)8時49分
知人男性を24時間にわたって監禁し、暴行を加えてけがを負わせたとして、京都府警南署は21日、傷害と逮捕監禁の疑いで、大阪府茨木市の派遣社員…[ 記事全文 ]
<青酸連続変死>妻千佐子容疑者 結婚後も在宅は週3、4日 毎日新聞11月22日(土)6時30分
京都府向日(むこう)市の無職、筧(かけひ)勇夫さん(当時75歳)を青酸化合物で殺害したとして、妻千佐子(ちさこ)容疑者(67)が殺人容疑で…[ 記事全文 ]
88減でも勝利?首相の過半数目標「低すぎる」 読売新聞11月21日(金)22時11分
衆院選の勝敗ラインを巡り、与党内で意見の食い違いが露呈している。安倍首相は21日の記者会見で、与党で過半数(238議席)の獲得を目指す方針を改めて示したが、ベテランを中心に「低すぎる」と異論が噴き出している。[ 記事全文 ]
やしきたかじんさんの長女、出版差し止め求め提訴 晩年を百田尚樹氏が描いた「殉愛」 産経新聞11月21日(金)18時29分
今年1月に64歳で死去した歌手、やしきたかじんさんの晩年を作家の百田尚樹氏(58)が書いたノンフィクション本「殉愛」によって名誉毀損(きそ…[ 記事全文 ]
<3歳衰弱死>殺人容疑の母 FBにあざの我が子写真掲載 毎日新聞11月22日(土)6時0分
大阪府茨木市の岸本紗弥音(さやね)ちゃん(当時3歳)が衰弱死した事件で、殺人容疑で逮捕された母親(19)が事件前、右目近くにあざのある紗弥…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。