注目ワードデング熱 軟式野球 延長50回 TOKIO城島 完走 日清CM 放送事故レベル Facebookで疲れる理由

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

とり天、中津からあげ——鶏を使った揚げ物のまったく違った2種類の楽しみ

ダイヤモンドオンライン2月22日(水)9時15分
画像:甘く味付けされたりゅうきゅう(手前)と、佐賀関などで特産の粘りがある海藻のクロメを使った料理。
写真を拡大
甘く味付けされたりゅうきゅう(手前)と、佐賀関などで特産の粘りがある海藻のクロメを使った料理。

 大分県と言えば、筆者には旨いメシというイメージが強い。別府、由布院と日本屈指の温泉街をかかえており、筆者も昔、温泉旅行を楽しんだ思い出がある。その温泉旅行の際に、温泉街の食堂で食べたご飯が、ちょっと特徴的で、また、とても旨かった記憶がある。また、冬の時期に行ったので臼杵のふぐも食べたが、これも絶品だった。

 大分県は、西部には九重連山、南部には祖母山・傾山と高い山々、東側には豊後水道と、まさに自然豊かで、海と山の幸が豊富な地域である。さらに江戸時代以降は、大分の地域が各藩に細かく分けられて統治されたことから、大都市はできなかったものの、城下町がそれぞれにあり、各地域の特色がでた文化を形成した。食文化も各地域ごとに、やはり特色があり、他県に比べても、郷土の味が多数存在する土地なのである。

 そんな大分の特色が出ている店はどこかと、大分県の東京事務所に問い合わせたところ、担当の方も訪れたというオススメの店が、東京・調布市はつつじヶ丘にあるというので、さっそく訪れてみた。

 新宿から京王線に20分弱乗り、つつじヶ丘駅に到着した。南口の階段の一番上から、店の看板がすぐに目に入った。北口と比べるとちょっと寂しい感じの南口に、温かい雰囲気の縁側のついた建物が目立つ。縁側にはコタツがでていた。『ウラニワ』である。店長の大塚さんのお父さんが大分出身なのだそうだ。

 まずは大分といえば「かぼす」(かぼすの国内生産量の90%以上が大分産)。かぼすにまつわる酒をということで、メニューで目についたのが『カボッピー』だ。大分のかぼすのリキュールを『ホッピー』で割ったものである。アルコール度数もそこそこなので、スタートにはちょうどいい。そして、すぐ出るつまみを頼もうと、『姫野船長のクロメ』と『りゅうきゅう』を頼んだ。

「クロメ」は昆布の一種で、大分市佐賀関港などで特産の海藻である。カジメやアラメに近く、粘りが強い。これを店では納豆、オクラ、山芋、なめこと、さらにネバネバ系の食材と混ぜ合わせる。かき混ぜれば混ぜるほど、粘りが増す。

 このネバネバしたやつを、かぼす味でさっと洗い流す。これは、いくらでも食べられるし、飲める組み合わせだ。

 そして、この店の「りゅうきゅう」がやってきた。「りゅうきゅう」は九州に行った時に何度が食べたことがあるが、新鮮な刺身をづけにしたものである。決まったレシピはなく、店や家庭によって、様々なバリエーションがある。

続きはこちら


■関連記事
・ちゃんちゃん焼きにジンギスカン、北海道の冬の定番グルメを端から端まで!!
・あの香りと歯ごたえが食欲を増す「長葱」は体と心を癒す薬味の王様
・急にやってくる脳卒中に備えて血管を強く、血液をサラサラに
・江戸時代、高級品だった「卵」は、ほぼ完璧な栄養バランスの“完全食品”
・静岡おでん——真っ黒いダシ汁に青のり、ダシ粉の風味が重なる「駄菓子屋の味」!

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

ダイヤモンドオンライン

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

芸能写真ニュース

Twitter公式アカウント

BIGLOBEニュースをツイッターでも配信しています。

BIGLOBE恋愛&結婚

関連ニュース

注目ニュース
日本の輸出、伸び悩んでいる理由は「製造業の海外移転」にあり=台湾メディア サーチナ9月2日(火)6時34分
安倍晋三首相の経済政策であるいわゆるアベノミクスによって円安が進行しながらも、日本の輸出が伸び悩んでいる理由について、中国メディアの環球網…[ 記事全文 ]
消費税上げる時期「ベストは予定通り」…甘利氏 読売新聞9月1日(月)23時8分
甘利経済財政相は1日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、政府が消費税率を10%に引き上げるかどうかを年末に判断することについて、「デフレ脱却ができないような事態になれば、(引き上げを)リセットするくらいの気持ちが必要だ」との考えを示した。[ 記事全文 ]
時間泥棒、高い報酬だけが問題ではなかった! 「老害役員」が緩やかに導く“組織の死” ダイヤモンドオンライン9月2日(火)9時0分
時間感覚は現役世代の6分の1!?時間泥棒と化す老害上司先日、とある上場企業で「偉い人」の対応に追われる知人から泣き言を聞かされた。[ 記事全文 ]
中国人「自分撮り需要」の高まりで日本製デジカメが復活か NEWSポストセブン8月31日(日)7時0分
9月発売のコンパクトデジカメ新製品がソニーとカシオから相次いで発表され、どちらも自分で自分のポートレートを撮影する「自分撮り」に強いカメラ…[ 記事全文 ]
49歳契約、建設会社勤務。年収550万円の実情 プレジデント社9月2日(火)8時45分
就職難で“正社員メンバーシップ”に入れてもらえず、キャリアアップの望み薄な低賃金のポジションに甘んじ続ける若年層——世間の抱く非正規社員像…[ 記事全文 ]

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。