注目ワード衆議院解散 みんな解党に怒号 向井理・国仲涼子結婚へ ダルビッシュ交際宣言の裏事情 最後の砦は誰

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

フェイスブックの次はブレッコ?グーグルの本丸「検索」の世界にも押し寄せるSNSの大波

ダイヤモンドオンライン3月9日(水)9時15分

 いまさら新しい検索エンジンに出る幕はないとお考えではないだろうか。

 ところが、昨年からメキメキと頭角を現している新しい検索サイトがある。Blekko(ブレッコ)がそれだ。

 創設は2007年。それから3年あまりの間、誰の目にもつかず、静かに開発を続けてきた。だが、その将来性を見込んで、エンジェル投資家やベンチャーキャピタル会社からすでに2400万ドルもの投資を集めることに成功している。その顔ぶれも、マーク・アンドリーセン(ネットスケープ創設者)やロン・コンウェイなど豪華だ。サイトは、昨年10月末に正式にオープンした。

 では、ブレッコはなぜ注目を集めているのか。

 その答えは、「検索結果からスパムや質の悪いサイトをあらかじめ取り除いている」ことにある。

 グーグルが最近、検索のアルゴリズムを変更したことを覚えておられるだろう。変更しなければならなかった理由は、グーグルのアルゴリズムの裏をかいて、自社のサイトが検索結果の上位に躍り出るよう操作する人々がたくさん出てきたからである。

 たとえば、こんな経験は誰にでもあるだろう。腰痛がひどくて、その原因や治療方法をネットで探そうとする。「腰痛」と入れて出てくるのは、薬品会社のサイトならばまだしも、リンクを開けるとただの広告サイトだったり、怪しげな内容のコンテンツサイトだったりする。ユーザーは、そうした無数の役に立たないサイトの中から本当に役に立つサイトを見つけなければならない。

 こうしたことが起こるのも、各社がグーグルの検索結果で上位に表示されるようSEO(検索エンジン最適化)技術の粋を集めているからである。それだけではない。現在では「コンテンツ工場」と呼ばれる商売がある。コンテンツ工場は、今このときインターネット上で話題になっているテーマや検索されているキーワードをモニターし、それに基づいてQ&Aサイトや情報サイト、ニュースサイトのコンテンツを毎日何1000本と作っているものだ。アメリカではすでにデマンドメディアやアソシエーテッドコンテント(ヤフーが買収)などの新興会社がこの領域で大金を儲けている。

続きはこちら(ダイヤモンドオンラインへの会員登録が必要な場合があります)


■関連記事
・キーワード不要でウェブをザッピング!検索エンジン『gururin』の超便利度
・アジアを舞台に役割分担か?ヤフーとグーグルの呉越同舟
・実質は国内シェア96%を握る ヤフー・グーグル提携の波紋
・中国検索最大手Baidu(百度)の 李彦宏 会長兼CEOが語る 成長の軌跡と10年後への布石・ユーザー間で分かれる絶賛と戸惑いの声「フェイスブック」は日本でも本当にブレイクするか?

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

ダイヤモンドオンライン
関連ワード

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

芸能写真ニュース

Twitter公式アカウント

BIGLOBEニュースをツイッターでも配信しています。

BIGLOBE恋愛&結婚

「フェイスブックの次はブレッコ?グーグルの本丸「検索」の世界にも押し寄せるSNSの大波」の関連ニュース

注目ニュース
かつて靴用と間違えられたニベアの青缶 世代を超えヒット中 NEWSポストセブン11月23日(日)7時0分
マドンナ(56才)など、世界中のセレブ御用達のフランス製超高級クリームと、庶民派クリームの代名詞『ニベアクリーム』(約250円/56g)の…[ 記事全文 ]
「日本観光ブーム」中国に続き韓国でも 「政府間は冷え込み続くが...」円安効果絶大 J-CASTニュース11月23日(日)11時30分
日本を訪れる外国人観光客が増加している。中国人観光客が目立つ一方、東日本大震災で一時減少した韓国からの旅行者数も回復してきた。[ 記事全文 ]
期間限定で復活したトヨタ「ランクル70」 予想以上の人気、納期遅れ、増産へ J-CASTニュース11月22日(土)17時30分
トヨタ自動車が2014年8月末に国内で再発売した、悪路に強い四輪駆動車「ランドクルーザー70シリーズ」(ランクル70)が、予想を上回る人気…[ 記事全文 ]
安倍首相、解散決断で「民主党をぶっ潰す」 プレジデント社11月23日(日)14時15分
「安倍首相は自信満々。本気で“民主党をぶっ潰す”つもりです」——総選挙に臨む安倍晋三首相の心境を、その側近はそう語る。[ 記事全文 ]
回転寿司「鉄火巻きで店の良し悪しがわかる」とB級グルメ通 NEWSポストセブン11月22日(土)7時0分
100円回転寿司の台頭により、地元密着型の小規模店は差別化を図るべく、さまざまな工夫を凝らす店が増えてきた。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。