失敗例から学ぶFacebookの企業ページの作り方

新刊JP7月22日(月)19時0分
画像:失敗例から学ぶFacebookの企業ページの作り方
写真を拡大
失敗例から学ぶFacebookの企業ページの作り方
 流行に乗ってFacebookに自社のページを作ったけれど、何を更新していいのか分からず、結局プレスリリースを載せているだけという企業は多いのではないでしょうか。
 Facebookページは、上手く活用すれば顧客獲得に大きな効果を見込むことができますし、実名による有意義なコミュニケーションをとることができるので、顧客窓口などとしても機能できます。
 しかし、それは上手くいっている企業の話。
 多くの企業の場合は、あまり「いいね!」の数が伸びず、どうしたらいいのか分からないまま…というところもあるはず。

 『小さな会社のための成功するFacebookマーケティング』(高橋浩子、田井中友香/著、日経BP社/刊)はまだFacebookに乗り出していない企業や、なかなか上手く伸びない企業向けに、5つの成功事例と1つの失敗事例を踏まえてFacebookの使い方を紹介する一冊です。ここでは、「1つの失敗事例」から、Facebookの企業ページの注意点をピックアップしていきましょう。

■使っている写真はターゲットに合ったものですか?
 例えばFacebookページを使って女性客にPRしたいと思ったとき、そこで使われている写真に、汚い格好をしてこちらを睨みつける坊主の男が写っていたら、あまり良いイメージは浮かばないでしょう。
 どんな企業も、何かしらの目的のためにFacebookページを作るのであり、ターゲットとなる顧客を想定しているはずです。本書ではドレッシングを中心に食品を製造・販売している小さな会社を失敗事例として取り上げ、改善ポイントを著者の田井中氏が「誌上コンサルティング」として解説しています。
 そんな田井中氏が会社に最初に出した宿題は、スキンヘッドだった社長の髪形を変えることだったそうです。確かに個性的ですが、ちょっと怖そうですよね…。Facebookでは、ビジュアルを魅力的に見せることが大切です。特に会社を背負う重要なポジションに付いている人は、個人のページにもたくさん人が訪れますから、写真はちゃんと選んだほうがよさそうです。

■「結局、お客さまに何をさせたいの?」を考えていますか?
 ただFacebookページに情報を掲載していっても、結局「いいね!」を押してくれている顧客(ファン)たちに対して何をさせたいのかが決まっていなければ、次のアクションには結びつかないものです。
 事例となっている会社も「お客様目線の情報発信」を考えておらず、一方通行の情報提供をしていました。そこで田井中氏が提案したのが、その会社で製造しているドレッシングを一本使い切るレシピの掲載です。
 「ドレッシングを買っても、いつも使い切れないまま賞味期限が過ぎてしまう」という主婦の声と、調理師免許を持っている社長の料理の腕を合わせて、料理に関する豆知識などを挟みながら、レシピを充実させていきました。こうすることで「この料理を今度作ってみたい」「このドレッシング使ってみたい」といった具合に次のアクションに顧客を動かすことができます。

 Facebookの特徴は参入時期に早いも遅いもないということ。つまり、今から新しくFacebookページを作っても、ずっと放置していたものを再起動しても、「遅かったから」という理由で失敗することはないといいます。
 失敗するには必ず理由がある。そのポイントを押さえておけば、Facebookページは大きな武器になるかも知れませんよ。
(新刊JP編集部)
Copyright(C)OTOBANK Inc.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

新刊JP

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

芸能写真ニュース

Twitter公式アカウント

BIGLOBEニュースをツイッターでも配信しています。

BIGLOBE恋愛&結婚

「失敗例から学ぶFacebookの企業ページの作り方」の関連ニュース

注目ニュース
そば粉比率 低い格安立ち食いに対し大手チェーンは品質向上 NEWSポストセブン7月27日(日)7時0分
日本の高度経済成長とともに急増し、サラリーマンの胃袋を満たしてきた「立ち食いそば」。手間ひまかかるそばを驚くべき安さで提供できるのはなぜか。[ 記事全文 ]
関電、歴代首相7人に年2000万円献金 元副社長が朝日新聞に明かす J-CASTニュース7月28日(月)12時30分
関西電力が少なくとも1972年から18年間にわたって、在任中の歴代首相7人に年に2000万円ずつ献金を続けていたことが明らかになった。[ 記事全文 ]
ソニー、本社の土地売却=528億円 時事通信7月28日(月)20時11分
ソニーは28日、本社(東京都港区)の土地約1万8165平方メートルを連結子会社のソニー生命保険に528億円で売却すると発表した。[ 記事全文 ]
ココイチが農業参入、まずは東海でレタス提供へ 読売新聞7月28日(月)19時57分
「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する外食チェーンの壱番屋は28日、農業への新規参入を発表した。来年2月にもサラダに使うレタスなどの栽培を始め、早ければ今年度内に愛知県など東海地方の自社店舗へ野菜を供給する見通しだ。[ 記事全文 ]
中国高速鉄道、世界進出が加速・・・次なる課題は、先進国による規格の独占打破=中国メディア サーチナ7月29日(火)6時52分
  • 経済ニュースをもっと読む
  • 本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

    ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

    ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。