注目ワードデザイン 女優 プロ野球 画像 ポスター 佐野研二郎 TOKIOカケル 篠原涼子 フジテレビ エンブレム

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

細川護熙・元首相 東京都知事選挙への電撃出馬劇の内幕とは

NEWSポストセブン1月14日(火)7時0分

 満を持した“本命種馬”の圧勝ムードは、日本で唯一の総理と知事のW経験者である“サラブレッド”の登場で一気に覆された。総理の職を辞して20年、晴耕雨読の日々を過ごす細川護熙・元首相(元熊本県知事)に東京都知事選出馬を促したのは、あの小泉純一郎・元首相。それにしても、細川氏はいつ、“本気”になったのか。


 本誌が小泉氏と細川氏の連携の動きをキャッチし、細川氏側に取材した昨年12月24日時点では、細川事務所は小泉氏からの都知事選出馬の打診について、「人づてには聞いている」と認めたものの、出馬そのものは「襖絵の制作で多忙。アトリエに籠もりきりなので、他に余裕はありません」と表向き否定していた。


 しかし、実際にはすでにこのとき、出馬準備を並行して検討していたのだ。本誌が細川氏の本気度を確信したのは、1月4日発売号の締め切り後の12月27日、細川事務所から改めて編集部に送られてきた一本のメールだった。


「申し訳ありませんが、お断わりさせていただきます」という、取材を断わる内容だった。


 ただし、ここで編集部が依頼していたのは都知事選に関する取材ではない。本誌は前々号のグラビアで、「芸術家・細川氏」とグラビアタレント壇蜜との、陶芸に関する異色対談を掲載した。それに続き、年明けに細川氏が取り組んでいる襖絵の制作を密着取材する企画を申し込んでいたのだ。


 ところが、前回の企画は大乗り気だった細川氏が、2回目をキャンセルしてきた。芸術家から「政治家」に戻って都知事選出馬を考えているからではないか──本誌は確信した。


 実は本誌に断わりを入れたその日、細川氏は細川内閣の首相特別補佐を務めた盟友の田中秀征氏と会談しており、かつての側近やブレーンと会談を重ねて出馬を真剣に検討し始めていた。


「都知事選は脱原発を有権者に問うまたとない機会だ。他にやるという候補がいないのなら……」


 年が明けると、細川氏はブレーンたちに出馬への意欲をにじませるようになっていた。いつ出馬を決断しても短期決戦の選挙に間に合うように、事務所やポスターの手配まで準備を始めたのである。


 ところが、そんな細川氏を激怒させたのが、新聞各紙が報じた「民主党が細川氏に出馬を打診」(1月7日)という記事だった。細川側近の1人が語る。


「“殿”は出馬する場合はあくまで小泉さんと一緒に原発ゼロを訴える考えで、原発政策が曖昧で有権者に信用されていない民主党と組む気は全くない。しかし、あんな記事が出れば民主党系の候補と見られて小泉氏も応援しにくくなる。だから民主党の要請を固辞したのに、出馬打診をわざわざリークした民主党のやり方に非常に怒っている」


 その後、自民、公明が舛添要一氏相乗りに動くという、細川氏にとって「脱原発」をアピールしやすい状況が生まれていった。


※週刊ポスト2014年1月24日号

NEWSポストセブン

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

NEWSポストセブン
旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

芸能写真ニュース

BIGLOBE恋愛&結婚

「細川護熙・元首相 東京都知事選挙への電撃出馬劇の内幕とは」の関連ニュース

注目ニュース
『水曜歌謡祭』半年で終了 オリコン9月2日(水)20時52分
歌手・森高千里とお笑いコンビ・アンジャッシュの渡部建が司会を務めるフジテレビ系音楽番組『水曜歌謡祭』が、きょう2日放送回をもって最終回とな…[ 記事全文 ]
博多華丸・大吉、さくら学院の岡崎百々子と共演NG 日刊スポーツ9月2日(水)20時44分
お笑いコンビ、博多華丸・大吉の博多華丸(45)が、次女であるアイドルグループ、さくら学院の岡崎百々子(12)と共演しない方針をとっているこ…[ 記事全文 ]
集中力を最大限に引き出すデスク用テント「ぼっちてんと」 東京ゲームショウ2015で展示販売 BIGLOBEニュース編集部9月2日(水)18時25分
自宅を「ネカフェ化」するデスク用テント「ぼっちてんと」が、2015年9月17日〜20日に開催される「東京ゲームショウ2015」で、展示及び…[ 記事全文 ]
北川景子、“前髪パッツン”にイメチェンも後悔 「戻ってこい前髪」 RBB TODAY9月1日(火)15時8分
女優の北川景子が、“前髪パッツン”のヘアスタイルでイメチェンした姿をブログで披露した。\n\n8月22日に29回目の誕生日を迎えた北川。[ 記事全文 ]
ダサすぎ!片岡愛之助と藤原紀香、「ラブラブ写真」であの業界からの評判が急落 アサ芸プラス9月2日(水)9時59分
「それらの逆風を乗り越える相談をする中で次第に“絆”のようなものが生まれ、互いに大切な存在であることに気づきました」8月28日、歌舞伎役者…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア