カラオケ盛り上がる90年代の曲、1位は“拳を振りあげる”あの曲。

ナリナリドットコム5月24日(金)16時48分
画像:カラオケ盛り上がる90年代の曲、1位は“拳を振りあげる”あの曲。
写真を拡大
レコチョクは5月24日、ユーザー投票による「カラオケで盛り上がる90年代ソングランキング」を発表した。

このランキングはiPhoneやAndroidなどのスマートフォン向け「レコチョク」や「レコチョク音楽情報」サイトで実施した投票を集計・まとめたもの。その結果、最も票を集めた楽曲は、1993年3月に発売されたCHAGE and ASKAの「YAH YAH YAH」だった。

投票の理由としては、「サビのリフは正に鉄板!歌詞を知らなくても、一体感は出せるはず?」(39歳/男性)、「とにかく盛りあがる!」(48歳/男性)など、拳を振りあげる瞬間の盛り上がり度が高い、との声が多く寄せられている。

2位は1999年9月発売のモーニング娘。「LOVEマシーン」に。こちらは「娘が小学生の頃、良く口ずさんでたし、一緒に歌ってたことを思いだすノリノリの曲♪」(45歳/女性)、「リズミカルで、皆が知っているし、盛り上がる曲だと思っています。最近では、懐かしさも感じています」(32歳/男性)など、こちらも歌に合わせた振り付けを皆で踊ると盛り上がる、という意見が集まった。

3位は1998年6月発売のゆず「夏色」がランクイン。「イントロで夏がきたーって感じ カラオケでも夏になったら絶対歌う♪」(16歳/女性)といった声が寄せられている。

数々の名曲、ミリオンヒットが生まれた1990年代、皆さんはどんな楽曲がカラオケで盛り上がる?


☆カラオケで盛り上がる90年代ソングランキング

1位 「YAH YAH YAH」CHAGE and ASKA(1993/3/3発売)
2位 「LOVEマシーン」モーニング娘。(1999/9/9発売)
3位 「夏色」ゆず(1998/6/3発売)
4位 「1/3の純情な感情」SIAM SHADE(1997/11/27発売)
5位 「Bomb A Head!」m.c.A・T(1993/11/21発売)
※「レコチョク」では10位まで公開中(http://recochoku.com/news/r11366864/)。

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

芸能写真ニュース

Twitter公式アカウント

BIGLOBEニュースをツイッターでも配信しています。

BIGLOBE恋愛&結婚

「カラオケ」「レコチョク」「ランキング」「ユーザー」の関連トピックス

「カラオケ盛り上がる90年代の曲、1位は“拳を振りあげる”あの曲。」の関連ニュース

注目ニュース
加藤茶の体調不安 「テレビで見る姿以上に深刻」との証言も NEWSポストセブン7月23日(水)11時0分
加藤茶(71)の体調が心配されている。6月9日に放送された『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)にゲスト出演した際は、笑福亭鶴瓶に返答の遅さなどを…[ 記事全文 ]
危険すぎる解説をしてしまった「キティちゃん辞書」が自主回収に AOLニュース7月23日(水)11時0分
一生懸命になって誠実に商品をつくった結果、思わぬ結果を呼ぶこともある。その典型が、海外の出版社、ハーパー・コリンズ社が子供向けに制作・販売…[ 記事全文 ]
フジ系ドラマ「あすなろ三三七拍子」にクレーム……スピッツの主題歌めぐり RBB TODAY7月22日(火)20時10分
現在放送中の柳葉敏郎主演フジテレビ系連続ドラマ「あすなろ三三七拍子」の主題歌に起用されているスピッツの「愛のことば-2014mix-」に関…[ 記事全文 ]
加護亜依「リスタート出来た」 デビューへの感謝と心境綴る オリコン7月23日(水)12時30分
元モーニング娘。でユニット・GirlsBeat!!(ガールズビート)の加護亜依が23日、自身のブログを更新。[ 記事全文 ]
『HERO』抜てき枠・吉田羊、反響に感謝「ありがたすぎる 涙」 オリコン7月22日(火)20時13分
13年ぶりに連続ドラマとして復活したSMAP木村拓哉主演のフジテレビ系月9『HERO』(毎週月曜後9:00)に“抜てき枠”として起用された…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。