「妹が兄を食べる。」人間と化け物の兄妹愛を描く、衝撃のカニバリズムコミックがスゴイ!

ダ・ヴィンチニュース7月10日(水)17時30分
画像:既刊の帯には「究極の兄弟愛!!」「食べたい食べたいお兄ちゃんを食べたい!!」「お兄ちゃんの肉を…っ喰いちぎってくれ!!」と過激なコピーが並ぶ。
写真を拡大
既刊の帯には「究極の兄弟愛!!」「食べたい食べたいお兄ちゃんを食べたい!!」「お兄ちゃんの肉を…っ喰いちぎってくれ!!」と過激なコピーが並ぶ。
 2013年秋アニメでの放送が決定した『pupa(ピューパ)』。
今回は、その原作(作者:茂木清香、月刊コミック アース・スターで連載中)である過激すぎるコミックを紹介しよう。

 現在(2013年7月10日現在)、3巻まで刊行されているこの作品。表紙には全巻、グロテスクな化け物と可愛い2人の子供、という対照的な2つが描かれている何とも印象的なイラストが目を引く。

 しかし、本当に衝撃的なのは、決して期待を裏切らない、いや、ある意味十二分に裏切りまくってくれる中身にある。

<ストーリー>
この物語は、シスコンの兄「現(うつつ)」とブラコンの妹「夢(ゆめ)」の何気ない日常から始まる。

舞台は、普通の人間が暮らす、普通の世界——だった。
父親から虐待を受けていたという過去を持ちながらも、兄妹で仲良く暮らす2人。
しかしその日常は、とある出会いによりあっけなく崩れ去り、そこから、全てが終わりが始まった。

2人の日常は、「pupa(ピューパ)」という謎の感染症によって、非日常な日常へと変化してしまった。
化け物となり、兄を食べることで自分を保つ妹と、そんな妹を何があっても守ると誓い、「生き餌」となった兄。
しかし、この悲惨な現実は、実は必然だった——。
突然兄妹を襲ったこの「pupa」とは、一体何なのだろうか?
そして悲しい運命を背負った兄妹は、どうなってしまうのか——。

<見どころ>
この作品の見どころは、何と言っても「兄妹愛」と、そして「残虐性」。
生存本能という生き物の弱さと、それに相反して湧き出る愛という名の情動。

「ごめんね。」と泣きながら兄を食べる妹は、食後、上気した顔で大人びた表情になる。
そして兄は、喰われる度に身を裂かれる痛みに悶え、しかしそんな妹の表情を見て、満更でもないと思う。

事の重大さの割にさらっと描かれるのだが、その兄妹の捕食シーンが何ともエロい。
妹の表情や描く角度。……作者はフェチの何たるかをよく分かっているようだ。

そして、そんな2人を取り巻く個性的すぎるキャラクターたちも、見どころのひとつだ。
残虐極まりない、兄妹の父親「鬼島四郎」。そして謎の研究者「マリア」、兄妹に救いの手を差し伸べようとする謎の男「ユウ」など。
読めば読むほど、キャラクターの魅力にはまっていく作品だ。
コミックもまだまだ完結しておらず、気になる点が多々あり、続きが非常に気になる。
今後の展開に期待だ。

 アニメでは、この残虐でフェティシズムを感じさせるカニバリズム(人肉嗜食)と兄弟愛という表現規制がかかりそうな2つのテーマをどうように映像化するのだろうか。

 ぜひ、アニメ開始前に原作も読んでみることをおすすめしたいのだが、アニメ化発表を受けて、今のところamazonや各書店では入手しづらい状況のようだ。

 TVアニメ版のスタッフは、監督に「魔法の天使クリィミーマミ」や「きまぐれオレンジ☆ロード」など少女の演出に定評のあるベテランの望月智充氏、制作は、「ひぐらしの鳴く頃に」や「ローゼンメイデン」等を手掛けたスタジオディーンが担当する。

 この秋期待の一作だ。

(文=月乃雫)

こちらもチェック
TVアニメ「pupa」公式サイト
http://www.pupa-anime.com/

公式Twitter
現:@pupa_utsutsu
夢:@pupa_yume

(ダ・ヴィンチ電子ナビ アニメ部より)

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

関連ニュース

注目ニュース
アイドルがびしょ濡れ!日テレ土曜の深夜番組「アイドルの穴」が過激すぎると話題に AOLニュース4月23日(水)22時0分
日本テレビで毎週土曜深夜に放送している番組「アイドルの穴2014〜日テレジェニックを探せ!」が過激すぎると話題になっている。[ 記事全文 ]
『モヤさま』狩野恵理アナの評価が急上昇中 「大江超え」「日テレ・水トとガチ」の声も AOLニュース4月23日(水)19時40分
前任・大江麻理子アナ(35)がニューヨーク支局へ赴任したのに伴い、昨年4月からさまぁ〜ずの人気番組『モヤモヤさまぁ〜ず2』(テレビ東京系列…[ 記事全文 ]
安藤優子氏 バイキングが予想以上の不振で「1年延命」か NEWSポストセブン4月23日(水)7時0分
春はキャスター、アナウンサーにとっても出会いと別れの季節。テレビ東京で長年『ワールドビジネスサテライト』を担当した「大御所」小谷真生子キャ…[ 記事全文 ]
イモトのエベレスト挑戦は事故で見送りか 日刊スポーツ4月23日(水)2時6分
日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」(日曜午後7時58分)の企画で世界最高峰のエベレスト(8848メートル)登頂を目指すお笑いタレント…[ 記事全文 ]
広田レオナ、小嶋陽菜を「ブス」呼ばわりで大炎上! 謝罪するもAKBファンからの批判止まず メンズサイゾー4月23日(水)18時0分
女優の広田レオナ(51)が22日、自身のTwitterでAKB48・小嶋陽菜(26)について「すげーブスだった」などとツイートし、大炎上す…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

Twitter公式アカウント

BIGLOBEニュースをツイッターでも配信しています。

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

芸能写真ニュース

BIGLOBE恋愛&結婚

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。