注目ワード橋下市長に批判電話 矢口真里 復帰 ドラフト会議 伊藤英明 結婚 山下智久 騒動謝罪

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

元交際相手が暴露! 韓流アイドルが日本を侮蔑する発言「日本が嫌いで日本人も嫌いで日本の女はブス」

ロケットニュース244月1日(月)13時0分
画像:元交際相手が暴露! 韓流アイドルが日本を侮蔑する発言「日本が嫌いで日本人も嫌いで日本の女はブス」
写真を拡大
日本で活動する韓国の男性アイドルグループ「CODE-V(コードブイ)」のメンバー、ジェウォンが元交際相手とのトラブルによってグループから脱退した。アイドルの交際発覚やトラブルはよくある話。しかしなぜ脱退? と思うのだが、どうやら背景には元交際相手による暴露があった。

トラブルが表面化したのは2013年3月20日のこと。ジェウォンと一年ほど交際していたという韓国人女性は、ジェウォンにフラれた腹いせに、自身のツイッターやブログ(現在は削除)で彼との会話などを次々と暴露し始めた。

その内容は衝撃的だ。彼女と推定されるブログには、不慣れな日本語で次のような主張が書かれていた。

「被害逃げだすのではなく、天国へ行ったうちの赤んぼうと私のご両親に謝らなければなりません。私の人生を利用して台無しにしたことも…。彼は日本が嫌いで日本人も嫌いで日本の女はブスでオタクみたいとファンの悪口をいい、コードブイが2011年3月11日の大地震が起きた福島に慰問公演に行き、うまくいくようになったと聞きました。3.11の東日本大震災のような地震がもう1度起こればいいのにと話す実際の内容です」(原文ママ)

どうやらこの女性によれば、ジェウォンの子どもを妊娠していたがなんらかの事情で産むことができず、その原因はジェウォンにあるとしている。そして今のところジェウォンから、謝罪の言葉がないということのようだ。また彼が日本も日本人も嫌いで、「日本の女はブスでオタク」と日本のファンの悪口を言い、「日本で東日本大震災がまた起これば良い」など問題発言をしていたと、ブログにつづっている。

なお、女性はジェウォンの問題発言が事実であることを証明するため、SNS上のやりとりも画像で掲載しており、発言は事実である可能性が高いと見られている。

所属事務所は3月28日、ジェウォンと契約を解除しCODE-Vの公式ブログを通じて日本のファンに謝罪。しかし、この女性の怒りはおさまらないようでツイッターで発言を続けている。事態の収束にはまだ時間がかかりそうだ。

CODE-Vは2012年に日本デビューを果たし、今年4月29日には大阪、5月4日には渋谷でのワンマンライブを開催する。いま人気急上昇中のK-POPグループである。最近は韓国よりも日本での活動に注力していたため、日本人ファンも増えつつある。それだけに、今回明らかになった内容は、今後のグループの行方を大きく左右することになるかもしれない。

参照元:CODE-V OFFICIAL BLOG,fnnews(韓国語)
執筆:林由美




この記事の動画を見る

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

ロケットニュース24

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

芸能写真ニュース

Twitter公式アカウント

BIGLOBEニュースをツイッターでも配信しています。

BIGLOBE恋愛&結婚

「元交際相手が暴露! 韓流アイドルが日本を侮蔑する発言「日本が嫌いで日本人も嫌いで日本の女はブス」」の関連ニュース

注目ニュース
ベスト空港より重要?!世界のワースト空港ランキング10 マイナビウーマン10月25日(土)20時32分
Wifi完備、新型設備、豪華ラウンジなどなど世界のベスト空港のチェックも重要ながら、旅行のテンションを一気に落とす、世界の「ワースト空港」…[ 記事全文 ]
「禁止だらけ公園」増加の裏事情 R25.jp10月25日(土)11時8分
地域住民の憩いの場といえば公園。しかし最近、身近な存在であるはずの公園にあらゆることを“禁止”する、大禁止ブームが到来しているらしい。[ 記事全文 ]
「麺をすするのはNG?」……世界の食文化の違いが面白い! All About10月26日(日)6時45分
最近は日本でも世界各国の料理を味わえるようになり、洋食や中華などの基本マナーはおさえているという人が増えました。[ 記事全文 ]
クライマックスシリーズ突破に素直に喜べない、阪神ファンの“複雑な感情” All About10月25日(土)7時45分
“まさか”の出来事は、概して期待していない時に起きるものだが、それにしてもこんな展開になるとは……という結末で終わった、今年のセ・リーグク…[ 記事全文 ]
「妊娠も仕事も取るのは欲張り」と人事部長に言われた——マタハラ被害者が語る実態 弁護士ドットコム10月25日(土)19時53分
妊娠や出産をきっかけとして働く女性が職場で嫌がらせを受ける「マタニティ・ハラスメント(マタハラ)」について、最高裁判所が画期的な判決を出し…[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。