注目ワード広島土砂災害 田中みな実 フジ司会 シリア情勢 エボラ猛威 高校野球 決勝

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

窪塚洋介の文春批判に見る「ツイッターに向かない人」の特徴

ガジェット通信7月12日(木)15時0分
画像:窪塚洋介の文春批判に見る「ツイッターに向かない人」の特徴
写真を拡大



俳優の窪塚洋介が週刊文春を「クソ」と批判しているのだと言う。2012年7月9日付の東京スポーツが「窪塚が危険な『沢尻擁護』」という記事で報じている。映画『ヘルタースケルター』(蜷川実花監督)で沢尻エリカと共演した窪塚が、文春に大麻疑惑を暴露された沢尻を擁護するようなツイートをしたのだ。



「へルタースケルター公開阻止したい勢力がもがきゃもがくほど宣伝になる。気づかないんかなぁ、そういうことって色々あるよね。大事な時間の無駄使い、ずーっと馬鹿な浅はか◎」



東スポに引用されているこの発言は、6月15日付で窪塚のアカウントである「@AMATORECORDZ」にツイートされた(すでに削除されている)。確かに、窪塚の、文春に対する敵意が上から目線かつ雑な言葉で語られている。筆者であれば、自分が書いたこんな文章が、ものすごいスピードで世の中に出回ると思っただけで、ゾッとしてしてしまうが……。



スクリーンやテレビで観る俳優としての窪塚は、ほかの俳優にはない雰囲気が漂っており、筆者は大好きである。しかし、プライベートでの発言には、ロクなものがないので残念だ。いずれにせよ、「沢尻の大麻使用疑惑を最初に報じた週刊文春を、自身のツイッターで『クソ』と批判していた」と書いておきながら、「クソ」発言の元ネタである窪塚のツイートが引用されていないのは、どうしてでしょう、東スポさん?



ところで、ツイッターをやらないほうがいいタイプの人がいる、と筆者は思う。第1に、感情的になりやすい人。他者のツイートや意見をガチで受け止めてしまうことが多く、ちょっとしたことで腹を立て、プチンと切れてしまう。第2は、さびしい人。ツイッターをやることで、なんとなく他者とのつながっていると思うのはいいが、つながりを求めすぎて過剰に依存してしまうタイプ。



第3は、そのふたつにも共通し、ツイッターをやる上で致命的な、自分の発言をコントロールできない人。他者と直接話すのであれば、その場その時にいた人だけがその人の発言を聞いているので、本人が思ったことをそのまま発言しようが暴言を吐こうが、他者はフォローできるし聞き流すこともできる。だが、ツイッターでは、そうはいかない。



いったんツイートしてしまうと、よい発言であれ悪い発言であれ、コピペされて世の中に出回ってしまう可能性がある。思ったことをそのまま述べると言っても、数少ない文字数で書かれた文章は、説明不足であることが多い。とりわけ、感情的になって書いた暴言や他者に対する攻撃的な文章は、そうなりがちだと言える。



窪塚は、確実に「ツイッターをやらないほうがいいタイプの人」だと筆者は思う。フジテレビ批判で窮地に立たされた俳優の高岡蒼甫も同じ。ツイッターは、自分の発言が世の中に出回ることを前提にして書いたほうがよい。ちょっとしたツイートであっても、公開する前に「他者がこれを読んだらどう思うのか」という「第三者の目線」で読み直してほしい。



窪塚や高岡のツイッターでの振る舞いを見ていると、ツイッターをやるのにも最低限のメディア・リテラシーは必要なんだなあ、とつくづく思う。





(谷川 茂)




Copyright (C) 東京産業新聞社 All right reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

ガジェット通信

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

芸能写真ニュース

Twitter公式アカウント

BIGLOBEニュースをツイッターでも配信しています。

BIGLOBE恋愛&結婚

「窪塚洋介の文春批判に見る「ツイッターに向かない人」の特徴」の関連ニュース

注目ニュース
チェコの「立ちション警告標識」がパンチ力抜群! “放水中” でもグッと我慢して止めたくなるレベル!! ロケットニュース248月27日(水)22時0分
路上で“小”をする行為、いわゆる「立ちション」。以前本サイトでは、インドでの立ちション対策を紹介した。[ 記事全文 ]
北越急行、在来線特急「はくたか」廃止を発表 - 17年間でのべ4,400万人利用 マイナビニュース8月27日(水)20時36分
北越急行は27日、在来線特急「はくたか」の廃止について発表した。ほくほく線経由で越後湯沢〜金沢・福井・和倉温泉間を結ぶ同列車は、2015年…[ 記事全文 ]
スプーン曲げはもう古い!? ユリ・ゲラー氏の新能力「ソダテ種」披露! tocana8月27日(水)21時30分
1970年代に「スプーン曲げ」でオカルトブームを巻き起こした伝説の超能力者、ユリ・ゲラーが、CSファミリー劇場のオカルトバラエティー番組「…[ 記事全文 ]
「この人となら不倫してもいい!」社会人男女の妄想不倫相手とは? マイナビウーマン8月19日(火)11時29分
上戸彩さん主演の「昼顔」というドラマが人気を集めています。昼下がりに不倫にハマる主婦たちの素顔を描いた作品に、夢中になっている方も多いので…[ 記事全文 ]
切り落としたコブラの生首に噛み付かれて男性死亡!=中国 tocana8月26日(火)11時0分
中国で、コブラを料理していた男性が、切り落としたはずの頭部に噛み付かれて死亡する事件が起きたとして話題になっている。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 切り落としたコブラの生首に噛み付かれて男性死亡!=中国tocana8月26日(火)11時0分
2 西之島、爆発的噴火の恐れも…火口に溶岩だまり読売新聞8月27日(水)19時24分
3 警察にかかってきた超おバカな通報トップ10 「イケメン警官とデートしたくて通報」「マクドナルドでチキンナゲットが売り切れていた!」などロケットニュース248月26日(火)17時0分
4 なかったことになぁ〜れ!一撃で「ニンニク臭」を消し去る秘訣6つ美レンジャー8月26日(火)16時0分
5 北越急行、在来線特急「はくたか」廃止を発表 - 17年間でのべ4,400万人利用マイナビニュース8月27日(水)20時36分
6 チェコの「立ちション警告標識」がパンチ力抜群! “放水中” でもグッと我慢して止めたくなるレベル!!ロケットニュース248月27日(水)22時0分
7 アイス食べておなら…!「男が100年の恋から冷めた瞬間」4つMenjoy![メンジョイ]8月17日(日)12時0分
8 成功者に聞く! 禁煙して良かったことは?「体がだるくない」「貯金が増えた」マイナビニュース8月27日(水)14時14分
9 「イキやすい」体質になる方法5つモデルプレス8月21日(木)0時34分
10 女子力高すぎ! 頼りになる「オネエ系上司」の実態4つマイナビウーマン8月19日(火)7時6分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。