注目ワード話題 Twitter 来季 レタス デザイン 野菜 握手会 島崎遥香 妖怪ウォッチ

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ケンタロウ氏の病状を続報で伝える『女性自身』のメディア感覚

ガジェット通信10月24日(水)11時0分
画像:ケンタロウ氏の病状を続報で伝える『女性自身』のメディア感覚
写真を拡大



ある分野で著名になると「有名人」扱いされ、メディアにプライベートが書かれても文句が言えないような状態になる。では、「有名人」と「一般人」の境界はどこかと問われても、明確に答えられるメディア関係者はいないのではないか。ただ、なんとなく、境界線が引かれているように思える。




確かに、「有名人」として世間に知られている人のプライベート、とりわけスキャンダルに関しては、多くの人が興味を持っているのかもしれない。しかし、知ってみれば意外に普通の生活をしていたりするし、極端に知人が少なくて「有名人」同士が「コップの中」で交流しているだけだったりもする。




ところで、料理研究家のケンタロウ氏(40)をご存じだろうか。料理関連の「有名人」では、メディアでの露出が多い人で、新聞連載やテレビのレギュラー番組もいくつか持っていた。毎週日曜に放映されていた『太一×ケンタロウ 男子ごはん』(テレビ東京)は、筆者も楽しんで見ていたし、実際に紹介されたレシピを活用したこともある。




このケンタロウ氏が、2012年2月4日にオートバイ事故で重傷を負った。この事故については、多くのメディアで報じられたので、知っている読者も多いと思う。その後、新聞連載もテレビ出演も降板となったことから、事故の影響は深刻なものとなっていることが予想された。




事故の続報は、『女性自身』(光文社)が8月21日号で伝えていた。「意識はある」が「高次脳機能障害」で「両手両足が麻痺」していることや、「言葉も発するのがやっと」で「感情表現もほとんどでき」ないことが、「ケンタロウ夫妻の知人」の証言のみを元ネタとして報じられている。




さきほど「有名人」はプライベートを報じられても文句が言えないと書いた。だが、報じるにも限度がある。事故の影響でほぼ再起不能であることを、ケンタロウ氏本人や家族の証言を抜きにして、わざわざ世間に周知する必要がどこにあるというのであろうか。筆者は、掲載する必要のない記事だと思う。暇ネタにしては、毒がありすぎる。




最近では、「有名人」のみならず、一般人だろうがなんだろうが、「気にくわないヤツの個人情報はネットで公開しちゃえ」という風潮となっているような気がする。そういうことをするのは、公開された側の気分を想像できない下劣な人々だ。他方、ケンタロウ氏の記事を掲載した「女性自身」にも、その下劣さを感じてしまうのは筆者だけであろうか。




(谷川 茂)




Copyright (C) 東京産業新聞社 All right reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

ガジェット通信
旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

イチオシ情報

話題の投稿画像

芸能写真ニュース

BIGLOBE恋愛&結婚

「メディア」「ケンタロウ」「女性自身」「スキャンダル」の関連トピックス

「ケンタロウ氏の病状を続報で伝える『女性自身』のメディア感覚」の関連ニュース

注目ニュース
早食いはおならの元になる!ご用心! マイナビウーマン12月19日(金)23時7分
おならが多いと自覚している人は、仕事中でもデート中でもおならを我慢することになります。[ 記事全文 ]
これが折りたたみ傘だと…!? リアルすぎる「レタス風」傘がTwitterで話題 / 「これはホントに欲しい」などの声が続出です! Pouch[ポーチ]12月20日(土)8時0分
ただいまTwitterで注目を集めている折りたたみ傘があります。どういった商品かと言うと、「レタス風」デザインの折りたたみ傘なんです!Tw…[ 記事全文 ]
理研、STAPとされた細胞の正体解明は継続 読売新聞12月20日(土)1時20分
STAP(スタップ)細胞の存在を事実上否定する実験結果が19日、発表された。小保方晴子研究員(31)と理化学研究所の検証実験チームがそれぞれ取り組んでいた実験で、さまざまな組織に変化する「万能性」を持つSTAP細胞は作製できず、論文に示された細胞は何だったのかという疑問は逆に深まった。[ 記事全文 ]
芸能界で異常に嫌われる"大物H"はやはりアノ人なのか? tocana12月17日(水)9時0分
数年前、TVで女性芸能人が「めちゃくちゃ大物で、紅白歌合戦によく出る男性芸能人Hが嫌い」という発言をして話題になったが、"大物H"の嫌われ…[ 記事全文 ]
ラピュタの飛行石か? 今は無き日本の秘境「暗黒のトンネルで青く光る石」が美しすぎた...! tocana12月19日(金)19時30分
そこでは、おびただしい数の青く光る石が地底の空間を埋め尽くしていた。中央を横切る暗黒帯には大粒の結晶がいくつも並んでいた。[ 記事全文 ]
アクセスランキング

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。