釣り針が刺さり助けを求めてきたサメ。ダイバーが助けると、何度も「ありがとう」と感謝を伝えて懐いてきた!

1月19日(日)17時27分 9ポスト



アメリカ・フロリダ州での出来事。ダイバーのジョシュアさんがダイビングしていると、一匹のサメが近づいてきました。しかしサメのお腹には大きな釣り針が刺さっていました。

ジョシュアさんはなんとかお腹の釣り針を取ってあげることにしました。


釣り針を取り除くことに成功すると、サメは驚くべき行動に出ます(動画30秒あたりから)。なんとジョシュアさんに鼻を押しつけ、感謝の意を伝えてきたのです。しかも一度ではなく何度も何度も。


サメは助けて欲しくて近づいてきたのかもしれません。


動画には「凄い!」「嬉しい気持ちになった」「とても可愛い!」などのコメントが寄せられています。


優しい人に助けを求めて良かったです。


9ポスト

「釣り」をもっと詳しく

「釣り」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ