ナマケモノたちが晩年を安らかに過ごすための老人ホームがある(イギリス)

2月8日(金)11時30分 カラパイア

top1

 ナマケモノといえば、幸せそうな顔立ちにスローな動きが魅力の癒し系として海外でも人気の動物(関連記事)だが、イギリスのウェールズの動物園には、現役を退いたナマケモノたちの老人ホームがあるという。

 おっとりした雰囲気のせいか、年齢不詳なナマケモノ。だが彼らもそれなりに歳を取り、年齢に応じたケアが必要になるという。

 できたばかりのホームでルームシェアを始めたナマケモノにズームインだ。
Sloth retirement village at Folly Farm


・ナマケモノの老人ホームにライトキャップが到着

 2018年11月末、フォーリー・ファーム動物園に新設したてのナマケモノ老人ホームに、ライトキャップというフタユビナマケモノが到着した。

 彼女の年齢は34歳。フタユビナマケモノの寿命は野生下で20年前後、飼育下では30年くらいだが中には40年以上生きる者もいる。

 ゆえに彼女はヨーロッパの動物園でも最年長クラスのナマケモノだ。

スクリーンショット-(14923)
image credit:youtube

 彼女をルームメイトに迎えたのは、オスのフタユビナマケモノのトーピーで24歳。ライトキャップよりも年下だが、少々気難しい性格で、スタッフも気にかけているナマケモノだ。

スクリーンショット-(1492)
image credit:youtube

・飼育下で長生きのナマケモノに年齢に応じたケアを

 動物園から年老いたナマケモノが引退すると、彼らがかつて居た場所は若いナマケモノの繁殖用スペースになる。

 この流れは動物の保護に役立つだけでなく、お年寄りになったナマケモノがたっぷり愛されて、きちんと世話される仕組みでもあるという。

 ここのスタッフは、体力や消化機能が落ちてきたナマケモノたちに合わせて、彼らに健康で快適なくらしを送ってもらえるよう努力している。

 普段からおっとりしているナマケモノは老後もさほど手がかからないが、ケアにはいくつかの注意が必要だという。

スクリーンショット-(1496)
image credit:youtube
 
 人間の高齢者と同じように、高齢のナマケモノも柔らかい食べ物を好む。

 お気に入りはゆでた根菜などで、あとは健康維持のためスタッフがタラの肝油のサプリメントを定期的に与えている。

 活発すぎる運動もすこし控えてもらう。彼らが木登りに手こずっていたら、スタッフが木の枝を下げてやったりするそうだ。


・ライトキャップがトーピーに変化をもたらす?

 かくして2匹のナマケモノの同居が始まった老人ホーム。
 
 スタッフの悩みの種はトーピーだが、今はナマケモノ生豊富であろうライトキャップに期待している。館長のティム・モーフューさんはこう話す。

 「トーピーはいつもちょっと不機嫌で、悪さをするときもあります。でも、根はやさしい心の持ち主です。歳を取ったメスのナマケモノ仲間がトーピーの本来の気質を引き出してくれたらいいな、と思っています」


・実は社交的?歳を取るほど仲間を求めるナマケモノ

 「世間にはほとんど知られていませんがナマケモノは社交的な動物です。私たちはナマケモノが歳を取るにつれ交友関係を築くことに気づいたんです」

 確かにナマケモノが群れるイメージはあまりないが、お歳を召すと仲間との交流を大事にするようだ。

6
image credit:youtube

 2匹の年齢はちょっと離れているものの、相性は良さそうというスタッフ。同じ経験を積んだナマケモノ同士、楽しく仲良く過ごせますように。

References: youtubeなど /written by D/ edited by parumo

カラパイア

「ナマケモノ」をもっと詳しく

「ナマケモノ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ