エミューの犬化。犬と一緒に育ったエミューの子、自分を犬だと思っているふしがある。

3月5日(火)0時30分 カラパイア

0_e1
image credit:youtube

 二足歩行で歩き、飛ばない鳥「エミュー」はオーストラリア全域に生息している。

 ヒトに対しては温厚だが、動物に対しては警戒心が強くキレ気味な部分もあるというが、生まれた時から一緒にいる動物なら話は別のようだ。

 この家では生まれた時からエミューを犬と一緒に育てていたようで、エミューの赤ちゃんはすごく犬を慕っている。

 それどころか自分が犬だと思っているふしもあるようだ。


Baby Emu who is growing up with Dogs believes he is one

 犬の姿を探し、きょうだい、もしくは親のように慕うエミューの赤ちゃん
 ずっと一緒にいた影響もあるのか自分は犬だと思っているふしがあるようだ。

 犬がごろんとお腹をみせるように、エミューなのにごろんとお腹を見せようとする始末。

1_e0
image credit:photo by youtube

 犬がいくところにはどこまでも付いていく気満々のエミューなのであった。

2_e0
image credit:photo by youtube

 エミューはダチョウより一回り小さいが、成長すると体高が2メートル前後、体重は50キロ前後となる巨大な鳥だ。

 大きくなったら外で飼うことになるのだろうが、エミューが犬を追い越すのは時間の問題かもしれない。

 エミューは、オスは「ヴゥー」と、猫のゴロゴロを低くしたような鳴き声を出し、メスは「ボン……ボボン」とドラムのような鳴き声を出す。


エミューのオスの鳴き声

The Sound of the Emu

エミューのメスの鳴き声

The sound of female emu

 このエミューがオスかメスかはわからないけれど、もしかして、もしかするとワン!とか鳴くようになるのかな?

カラパイア

「エミュー」をもっと詳しく

「エミュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ