【動画】思わず応援したくなる!凍った池をくちばしで割りながら進む白鳥の家族

3月8日(水)9時52分 @Heaaart

冬の寒さは、ときに交通渋滞を引き起こします。
日本でも毎年、雪や地面の凍結で交通網が麻痺していますよね。
冬の渡り鳥である白鳥も、寒さゆえの交通渋滞に巻き込まれてしまったようです。
今回は、日本から遠く離れたイギリスで起きた、白鳥の交通渋滞の模様をお届けします。
 
 
ここは、イギリス・グレンフィールドにあるブラッドゲートパーク内の池です。
白鳥が一列に並んで泳いでいる、のどかな風景と思いきや・・・。
先頭の白鳥が、水面をくちばしでつつきはじめました。
1エサの魚でも見つけたのかな?と思いきや、実はこれ、水面が凍っていて、普通に泳ぐことができないんです。
 
 
先頭の白鳥が頑張って、クチバシで氷を割りながら、前に進んでいます。
後ろに並んでいる白鳥は、子どもたちでしょうか?
先頭のお父さん(お母さん?)の頑張りがわかっているのか、おとなしく並んで進むのを待っています。
2 
写真だとわかりづらいですが、この白鳥たちはとっても動きづらそうです。
進むスピードも陸上を歩く亀のごとく。
「よいしょ、よいしょ!」と体全体を使って、氷を割りながら一生懸命、進んでいます。
 
 

まるで砕氷機!自然の交通渋滞に巻き込まれた白鳥一家

 
ゆっくりゆっくり、体をよじらせながら前に進んでいく白鳥の姿。
愛らしくて癒されると同時に、動物のたくましさを感じ取れます。
カシャカシャと鳴っている音は、氷を砕いている音でしょう。
自然の過酷さも伝わってきますね。
 
 

出典 Youtube

 
 
ぱっと見ただけでは、氷が張っているのがわかりづらいのですが、白鳥の動きをよく見てみると、相当分厚い氷が水面を覆っていることがわかります。
こちらの写真を見てもらえればわかるように、先頭を泳ぐ白鳥は足が見えていて、ほとんど氷の上に乗り上げている状態です。
3 
 
ちなみに「一見、優雅に見える白鳥も、水の中では必死に足を動かして泳いでいる」という格言がありますが、実はこの格言は半分、嘘なのだそうです。
 
白鳥の羽は分厚い羽毛に覆われています。
この羽毛に空気が溜まるようになっていて、水面に体を浮かせやすくしているそうですよ。
 
 
以上、見ているこちらまで力が入ってしまう白鳥の行進でした。
かわいくて美しい白鳥の姿は、日本では北海道の洞爺湖で見られることで有名です。
冬の北海道を訪れた時には、ぜひ一度、見に行ってみてくださいね。
 
 

@Heaaart

この記事が気に入ったらいいね!しよう

白鳥をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ