その数なんと28本!指の多さが幸せの多さ。世界記録タイ。28の指を持つ猫(アメリカ)

3月14日(水)11時30分 カラパイア

paws

 先月のこと、アメリカ、ミネソタ州の地元メディアは、ある話題で盛り上がっていた。世界記録の保持者がミネソタ州から出たのである。正確に言えば、世界初ではなくて「タイ記録」なんだけど、どちらにしてもすごいに変わりはないのだ。

 こちらが記録保持者のポウズ(Paws)さん。3歳になるメス猫である。

 で、肝心の世界記録の中身は何かって?それはポウズさんが持って生まれたとある特徴によるものなのである。ポウズさんには、全部でニャンと28本もの指があるのだ。


Meet Paws: The 28-Toed Cat

【多指症の猫、ポウズさん】

 ポウズさんは、指の数が多くなる「多指症」の猫である。多指症は猫にとってはそこまで珍しくはない。

 通常の猫は前足に5本、後足に4本、合計18本の指があるのだが、ポウズさんには、4本の足を合計して28本の指があるのだ。

 これは、ギネス世界記録に登録されているカナダの猫、ジェイクと同数でなのある。

paws
image credit: YouTube

 ポウズさんの現在の飼い主は、ノースフィールドに住むジーン・マーティンさんだ。最初に保護したのは、ジーンさんの娘の夫であるウォルター・ナチゴールさん。ウォルターさんが営むメイプル農場を、ポウズさんはたびたび訪れていたのである。

 「いつも、ひざに乗せてお腹をなでてやると喜んでいました」とウォルターさん。「安全だと思ったのでしょう、しまいには、生んだ子猫たちをを農場へ連れてきて、スチュードベーカーのトラックに隠してたんですよ」

 こうして、ポウズさんはジーンさんに飼われることになったのだ。

toes
image credit: YouTube

【爪のお手入れは大変なはずだけど】

 ポウズさんの爪のお手入れは獣医さんに切ってもらっている。ジーンさんは、毎回、28本の爪を「1本も忘れずに」切ってくれるよう、お願いするのだそうだ。

 「以前に、獣医さんにこう言ったことがあるんですよ」とジーンさん。「『こんなにたくさん爪があるんだから、割増料金を取らなきゃだめですよ』って」

 しかし、実際に割増料金を請求されたことは一度もないという。

forepaws
image credit: YouTube

【幸運をしっかりつかんでね】

 ジーンさんによると、多指症というポウズさんの特徴は、とても「便利」なのだそうだ。

 「キャッチャーズミットみたいに見えるでしょう」とジーンさん。前足にあるおまけの指のおかげで、ポウズさんは小さな表面をつかむのが得意なのだそうだ。「例えば、引き出しの縁のような狭いところも、前足でつかむようにして簡単に歩けるんですよ」

paws2
image credit: YouTube

 帆船の時代には、多指症の猫が船上で飼われ、通常より多い指を上手に使って船の索具をよじ登っていたという伝説があるそうだ。

 かの有名なヘミングウェイは多指症の猫、スノーホワイトを「幸運を呼ぶ猫」としてかわいがった。そして現代では、多指症の猫は「ヘミングウェイ・キャット」と呼ばれ、幸運をもたらすといわれている。

・ヘミングウェイの家だけじゃないよ。指がたくさんある猫たち : カラパイア

 ポウズさんも、その大きな手でしっかりと幸運を握って、運んできてくれるに違いない。

References: CBS Minnesota / Viralnova / Daily Mail など / written by K.Y.K. / edited by parumo

カラパイア

「記録」をもっと詳しく

「記録」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ