世界で最もかわいい羊と評される「ヴァレーブラックノーズ」の白黒モフモフの世界

3月16日(土)11時30分 カラパイア

top

 古くから家畜化されている羊たちの中にはいろんな種類が存在するが、最近「世界で最もかわいい羊」と評判の羊がネットを席巻している。

 白黒にくっきり分かれたふわっふわなカーリーヘアのヴァレーブラックノーズは、世界中にファンをもつぬいぐるみのような羊だ。

 スイスの山岳地方原産で、ニュージーランドでも人気急上昇のキュートな羊。見るだけで癒される羊たちの姿が話題となっていた。


・世界一かわいい羊。ヴァレーブラックノーズ

 ヴァレーブラックノーズ(Valais Blacknose)はとんでもなくかわいい羊だ。

 雪のように白い毛は柔らかくってふわっふわ。その白さとは対照的に顔やひざなどが黒く、目は頭の白い毛の下に隠れている。

生後2カ月半の子羊たち


 彼らはマッターホルンを有するスイスのヴァレー地方原産で、アルプス山脈を望む高山地域や野生のハーブが茂る草原などに生息している。

 オスは体長80センチ前後、メスは70センチほどまで成長し、大人になると雌雄ともねじれた角が生えてくる。



 そんなヴァレーブラックノーズの人気が高まったのはここ10年ほどで、イギリスなどへの輸入をきっかけに評判になったという。なお主な用途は羊肉と羊毛の両方らしい。


・羊で有名なニュージーランドでも育成始まる

 ニュージーランドで育種家を営むストラスディ夫妻も、数年前にネットで見かけたヴァレーブラックノーズにひとめぼれ。愛らしい羊たちをぜひ自分たちの牧場に迎えたいと考えた。



 だがニュージーランドはヴァレーブラックノーズの生体輸入が禁止なため、農家のクリスティン・リードさんの協力で、胚や精子の輸入許可を取り人工受精と育成に取りかかった。

 その結果、16頭ものヴァレーブラックノーズの赤ちゃんが誕生。9頭のメスと7頭のオスがすくすく育ち始めた。


・一目でいいから合わせて!海外のファンも殺到

 そして現在、ニュージーランドに暮らすヴァレーブラックノーズもたくさんのファンを抱えている。



 その中にはキュートな彼らに一目会いたい!と海外からやってくる熱狂的なファンや、ほんの一瞬でいいんです!と写真を撮って帰るファンもいる。

 その写真もすさまじい人気で、たった1枚で230万回も閲覧されたものもある。

9週間の赤ちゃん


 愛らしい見た目だけでなく、好奇心旺盛で親しみやすい気質を持ち合わせているヴァレーブラックノーズ。サイズも小柄でまさにぬいぐるみ。ぜひ実物をみてみたいもんだ。

References:written by D/ edited by parumo

カラパイア

「モフモフ」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「モフモフ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ