納豆を食べた柴犬、突然カスタネット状態に… 死を覚悟するも獣医の診断は「納豆がおいしすぎて興奮」

3月17日(火)16時39分 BIGLOBEニュース編集部

提供:たちゅのこ姫(@TACHUNOKOHIME) さん

写真を拡大

突然、カスタネットのように歯をカタカタと鳴らし始めた柴犬をめぐるエピソードが、Twitterで反響を呼んでいる。


柴犬のタツノコ姫ちゃんに異変が起こったのは初めて納豆を食べた時のこと。顎を小刻みに動かし始めたタツノコ姫ちゃんからは、カタカタという音が発生。まるでカスタネットのようなリズムを刻みながら、2分ほど納豆をほおばっていた。心配になった飼い主は、「死ぬなよ!!」と声をかけながら慌てて病院へ。涙目で青ざめている飼い主に、獣医が下したのは「異常ありませんよww納豆が美味しすぎて興奮したんですね!ww」という驚きの診断だった。


一方のタツノコ姫ちゃんはこの一件で、すっかり“カスタネット”を習得。納豆以外にもササミなど大好物を前にするとスイッチが入るようになり、納豆は開封した時点で“カスタネット”状態になるという。


美味しいものに興奮して音を鳴らすタツノコ姫ちゃんの愛らしさと、飼い主のドタバタエピソードはTwitterで拡散。「笑い話で済んで良かったです」「ウマウマの最上級の表現だってお医者さんに言われたらホッとしたでしょうね〜 カスタネット化最高」「なんともホッコリするお話ですね」といった声が寄せられ、大きな反響となっている。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「柴犬」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「柴犬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ