愛犬にとって危険なインテリア5つ

3月18日(月)11時0分 わんちゃんホンポ


危険な5つのインテリア

観葉植物


1.植物

インテリアの中でも人気があるのが植物です。部屋に緑があると癒やされるという方が多く、小さなものから大きなものまで様々な種類があります。
人間は植物を見て楽しむため食べ物としては認識しませんが、犬にとって食べ物だと見えてしまう場合があります。
特にお腹の調子が悪いときには草を食べてうんちを出そうとするため、植物を食べてしまうことがあります。
観葉植物には犬に害のあるものもあるので注意が必要です。
害のある植物として下記のものが挙げられますので、部屋にないか確認してみてください。


  • アイビー
  • ポトス
  • モンステラ
  • アサガオ
  • チューリップ
  • ユリ

このような植物を家の中に置かないのがベストなのですが、どうしても置きたい場合は犬が入れない部屋や場所などにしておきましょう。


2.高いソファやベッド

犬は意外と足場が安定していれば高い場所も好きです。
本能的に危害を加えるものを早く発見できるからです。また家の中の高い場所であるソファーやベッドなどは飼い主さんがリラックスする場所でもあるため好きだとも言われています。
しかし極端に高い場所への上り下りは犬の身体に負担がかかります。シニア犬や小型犬、胴が長い犬などは特に負担がかかりやすいので対策をしておく必要があります。
段差が少ない階段やスロープなどを作ってあげると良いでしょう。
最近は市販のものも色々な種類があり状況に合わせたものを手に入れることができますが、手作りだとさらに微調整もできるので余裕があれば作ってみてもいいですね。


3.滑りやすい床

犬が部屋の中を歩く時にフローリングの床材だと滑ってしまい歩きにくいことがあります。
走ったりジャンプしたりした際に滑って転んだり、怪我をしたりすることもあり危険です。
特にシニア犬の場合はそういった怪我から寝たきりになる可能性が高いため、注意が必要です。
対策としては柔らかくて滑りにくいジョイントマットを敷いたりするといいですね。
床に爪の跡がついたりすることもなくなるので、飼い主さんとしても助かる面があります。


4.爪がひっかかるカーペット・ラグ

犬が滑らないためにカーペットやラグを敷いている場合に注意が必要なのが、爪がひっかからないかどうかです。
カーペットやラグには毛の作り方に2種類あり、1本ずつ作られているものと1本が輪っかになるように作られているものがあります。一般的に販売されているのはこの2種類です。
後者の方法で毛が作られている場合、犬の爪にひっかかり転んでしまったり、身動きが取れずにパニックになってしまう可能性があります。パニックになると飼い主さんが触ろうとしたら噛んでしまったりするのでそこも危険です。
なるべく1本ずつで作らえているものを選ぶようにしましょう。
どうしても輪っかになっているものを選ぶ必要がある場合は、犬の爪をこまめに切ってひっかからないようにしてあげましょう。


5.ゲートがない

うちの犬は絶対に逃げない、という飼い主さんもいるかと思います。
しかし通常は犬に逃げるつもりがなくても音にびっくりして無我夢中で走って知らない場所にいる、ということもあります。
また好奇心から外に出て戻れなくなってしまう犬もいます。
玄関の前や外に出れそうな場所には必ずゲートを作って置きましょう。
その他にも簡単に開きそうなドアや窓には鍵をかけたり、つっかえ棒をしたりと対策をとっておくといいですね。


危険な部屋にしないために

ソファに座る犬


犬にとって危険な部屋にしないために必要なのは部屋から危険なものをなくすことです。
危険なインテリアの他にも誤飲誤食しそうなものは片付けておくといいでしょう。
例えばタバコや紐状のおもちゃ、アクセサリーや小物、クリップなどの文房具、乾電池、コードやケーブル類、ファスナーやジッパーなどがついた服やぬいぐるみなど危険な可能性があるものは多いです。
基本的に犬の口に入る大きさのものは犬が触れられないように別の場所に置くといいですね。もし置くならどこかに固定して犬が食べたりできないようにしておきましょう。


まとめ

部屋


人間が普通に使っているインテリアも犬にとっては危険なものになる可能性があります。
植物、高いソファやベッド、滑りやすい床、爪がひっかかるカーペットやラグなど普通に部屋にあるものも犬にとっては危険です。また玄関やドアにゲートがなくいつでも外に出られるようになっているのも良くありません。
犬にとって危険のない部屋にするためには、部屋から危険なものを取り除く必要があります。
インテリアの他にも誤飲誤食をしそうな、タバコや紐状のおもちゃ、アクセサリーや小物、クリップなどの文房具、乾電池、コードやケーブル類、ファスナーやジッパーなどがついた服やぬいぐるみなど危険なものはたくさんあります。
小さなものは犬がとれない場所に置くか、どこかに固定しておきましょう。
危険のない部屋を作って犬が安心して過ごせるようにしたいですね。



わんちゃんホンポ

「インテリア」をもっと詳しく

「インテリア」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ