犬に愛情を伝える5つの方法

3月21日(木)20時20分 わんちゃんホンポ


愛犬に愛情を伝える方法1:たくさん撫でる

飼い主に寄り添って撫でられているドーベルマン


ワンちゃんのことを撫でると、尻尾を振って喜んでいるような仕草をしませんか?
それはワンちゃんが飼い主さんに甘えられて喜んでいるからです。


撫でる箇所も、首回りが好きな子や、背中まわりが好きな子もいるので、ワンちゃんが好きな箇所を撫でると、より飼い主さんの愛情が伝わるのではないでしょうか。たくさん触れ合うことでワンちゃんに愛情が伝わり、より信頼関係が厚くなるのです。


愛犬に愛情を伝える方法2:褒める

散歩中に飼い主に褒められている犬


褒めることも愛情を伝えられる方法だと思います。
ワンちゃんと決まりごとをしていて、それを守られたときや、何か良いことをしたら褒めてあげましょう。


例えば、ご飯をあげるときの待てです。ワンちゃんがご飯を食べるときに、飼い主さんが待てと言って待つ子はしつけができていると言われています。
しかし、しつけという言葉で済ますのではなく、それら一連の流れはワンちゃんに愛情が伝わっているからこそ成立しているのです。


愛犬に愛情を伝える方法3:話しかける

犬の耳元で話をする飼い主


ワンちゃんは言葉を話せませんが、何度も話しかけたり、聞いたりすることにより、言葉の音やそのときの飼い主さんの様子から、言葉を理解することができると言われています。


そのため、ワンちゃんの近くで何度も話しかけることによって、飼い主さんのことをしだいに理解していってどのような人なのか認識します。


その際に、優しい口調で話していると飼い主さんのことを安心できる人だと思い、話しかけられることに喜びを感じられて、飼い主さんの愛情を伝えるきっかけになるのではないでしょうか。


愛犬に愛情を伝える方法4:時間を共有する

パソコンの画面を飼い主と一緒に見ている犬


なるべく1日を過ごす上でワンちゃんと時間を共有することも愛情を伝える方法であると言えます。寂しがり屋のワンちゃんもいれば、そっとしておいてほしいワンちゃんもいるなど、性格は様々なので、その子にあった共有の仕方が大事だと思います。


寂しがり屋な子だと、家にいるときはなるべく一緒にいてあげたり、散歩が好きな子だと飼い主さんが近所に出かけるときなど、連れて行けるときはなるべく一緒に散歩に出かけたり、ワンちゃんとふだんから時間を共有すると、自然に愛情も伝わっているはずです。


愛犬に愛情を伝える方法5:気にかける

カーペットの上に横たわりこちらを見ている犬


ワンちゃんのことを気にかけることも愛情を伝えるためには必要な方法です。
ワンちゃんの要求にすべて答えて甘やかすのではなく、飲み水がなくなっていないか、よく遊ぶおもちゃが届かないところにないか、様子がおかしいけど病気ではないかなど、様子を気にすることによって、それが解消されるとワンちゃんも飼い主さんのことを信頼できるようになり、より愛情が伝わりやすくなると思います。


まとめ

飼い主の顔を舐める犬


いかがでしたでしょうか。


愛犬に飼い主からの愛情を伝える方法の例として、


  • たくさん撫でる
  • 褒める
  • 話しかける
  • 時間を共有する
  • 気にかける

の5つを紹介してみました。


ワンちゃんの性格など個体差があるとは思いますが、上で挙げた例以外にもたくさんの愛情を伝えられる手段があるはずです。
ぜひワンちゃんと一緒に探して、楽しい時間を共有してくださいね。



わんちゃんホンポ

「きな子」をもっと詳しく

「きな子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ