「コロナの気晴らしになれば」 米農場がモリモリご飯を食べるヤギの動画を公開

3月27日(金)9時30分 ねとらぼ

お水ゴクゴク

写真を拡大

 米メイン州カンバーランドにある農場「Sunflower Farm Creamery」が、ヤギたちの朝食の様子をYouTubeで公開しています。
 この動画は「コロナウイルスで大変な状況になっているみなさんの気晴らしになれば……」と投稿されたもの。小屋の中にひしめき合っていたヤギたちが小さな扉から外へ出掛けていきます。その後ろ姿を見ると、お腹が横に張り出してパンパン。もうすぐ赤ちゃんが生まれるお母さんヤギの集団です。
 この農場があるのはアメリカの北部。雪がちらつく中でみんなでエサを食べ始めます。お腹が大きいお母さんヤギはエサ入れの前に並ぶのが大変。はみ出てしまったヤギは、エサにありつける場所を探してうろうろしています。
 次にヤギたちの前に置かれたのは枝についたままの葉っぱ。お母さんヤギたちが一斉に群がります。葉っぱを食べて落ち着いたのか、おいしそうに水を飲むヤギさん。農場で暮らしている猫たちも特別出演しています。
 この動画には「あなたにストレスがあったら聞かせて」という言葉が添えてあり、「自宅に引きこもるには物資が足りない」「教え子のことが心配」といった気持ちを寄せる人も。「ヤギを見て元気になった」「赤ちゃんの誕生が楽しみ」というコメントもありました。
 お母さんヤギたちが出産をするのは30日後くらいとのこと。その様子は今後も動画で紹介していくそうです。

ねとらぼ

「ヤギ」をもっと詳しく

「ヤギ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ