犬も悲しいと思う時がある!人間と同じ「情動」を感じる動物です。

4月2日(日)17時0分 わんちゃんホンポ


犬にも悲しみの感情はある!

悲しむ犬


哺乳類全般に言える事ですが、哺乳類は環境の変化に対応して適切な行動を選択するために【情動】で動きます。


しかし爬虫類は殆どの場合、本能でしか行動できません。


つまり犬は人間と表現の方法は違えども同じ様な感情を持っています。愛犬をじっくりと仕草や行動を観察すると、また新しい発見があるのかも知れませんね。


犬が悲しいと思うのはどんな時?

悲しむ


犬が悲しいと思う時は【期待はずれ】の状況になった時です。


例えばオヤツを貰えると思ってワクワクしていたのに、急に来客があり『お預け』になってしまった。


朝からお散歩に連れていってもらえると思っていたのに、ご主人様が体調を崩してしまいお散歩が中止になってしまった等々です。そうなると犬は【喪失感】に苛まれます。


この喪失感が犬にとっての悲しみの感情と言う事になります。また一人での留守番も、心は大きな不安と喪失感でいっぱいになります。人間の群れ社会で生きる犬にとっては耐え難い状況と言えます。そして家族の誰かが他界して永遠の別れとなり、犬がその状況を知った時が最大の喪失感となります。


野生の動物の多くは仲間の死を理解できると言われていますので、家族が悲しみに暮れているのを見て、犬はその状況を敏感に察知できるのです。そんな時には傍に寄り添い、時には顔を舐めたりして励ます行動もすると言われます。


人と同じように「涙」は出るの?

犬の涙


犬にとっての悲しみは、人間の流す涙の感情とは異なり喪失感が悲しみの感情となります。ですので犬は悲しくても涙を流して泣くと言う事はないそうです。ただし落ち込んでションボリして食欲が無くなったりする事はあると言われています。


犬は涙を流す事がありますが、この場合悲しいからではなく『目にゴミ等の異物が入った』と言う理由が殆どです。 犬は自分で目に入った異物を上手に取り除く事が出来ませんので、そう言った 生理的な理由で涙を流しているのです。


また、緊張したり興奮したりするとまばたきの回数が減ります。そうなると目が乾燥してしまいますので、それを防ぐために涙腺から涙が溢れる様になっています。


目の検査


しかし絶えず涙が出ている場合は注意が必要です。
それは【結膜炎】【角膜炎】などの眼病が考えられるからです。特に注意しなければならないのが、『黄色の膿の様な目ヤニ』や『濁った涙』が出た時です。この場合【ジステンパー】や【伝染性肝炎】の可能性がありますので、直ぐに動物病院に連れて行ってあげましょう。


まとめ

スキンシップ


犬に悲しみと言う喪失感を味合わせてはならないと、誰もがその様に感じていると思います。
ではどうすれば良いか?


私の場合、出来るだけスキンシップをとり、どんな事でも褒め、常に【可愛い】と言う言葉を愛犬に語り掛けています。留守番させる時は『黙って家を出ろ』などと言われますが、私は敢えて留守番だと知らせて家を出ます。


何故かと言いますと、黙って急に家を出てきたら愛犬が強い不安に駆られるのではないかと考え、家を出る前に『お買い物に行って來るぞ』『お留守番してて』『直ぐ帰って来るから』『待っててね』と、各フレーズごとに区切ってゆっくり語り掛けてから家を出ます。
これは『寂しい思いをさせたくない』と言う一心で8年前から始めました。


信頼関係


大切なのは愛情のこもった触れ合いと思いやり、そして心を込めて世話をする事です。犬は構ってもらうのが何よりも好きです。
ですので、寂しを感じさせず常に安心感を持たせてあげれば、揺るがない信頼関係と絆が築けるのではないでしょうか。


皆様も愛犬に悲しい思いをさせない様、ご自分なりに工夫しながら信頼関係と絆を深めて行って下さい。



わんちゃんホンポ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

動物をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ