生後2ヶ月、三つ子の赤ちゃんチーターが一般公開 4月8日から多摩動物公園で

4月6日(木)14時27分 BIGLOBEニュース編集部

三つ子の赤ちゃんチーターが一般公開

写真を拡大

多摩動物公園で誕生した三つ子の赤ちゃんチーターが、4月8日からチーター舎で一般公開される。


母親チーター「シュパーブ」と父親「ムツ」の間に2月5日に誕生した、メス1頭、オス2頭の赤ちゃん。メスは、母親の自転車にちなんだ名前から「クラリス」 、オスは父親の地名にちなんだ名前から「アイガー」「ジョラス」と命名された。


2月15日の初めての体重測定では、「クラリス」が1,200グラム、「アイガー」「ジョラス」が1,060gグラムや1,100グラムになるなど順調に成長しているため、デビューが決定。チーター舎のガラス展示場で11時30分から14時まで一般公開される。大人のチーターの凛々しさとは異なる、あどけない愛らしい様子を目にすることができる。


三つ子の赤ちゃんチーター

生後間もない3頭


三つ子の赤ちゃんチーター

生後1ヶ月/左:クラリス、中央:アイガー、右:ジョラス

BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「三つ子」をもっと詳しく

「三つ子」のニュース

「三つ子」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ