こりゃ野生では無理だわ。保護したオポッサム、甘えん坊が過ぎてついに家族の一員に(アメリカ)でファミリー化決定

4月15日(土)11時30分 カラパイア

net]
 
 アメリカ、サウスカロライナ州に住むシェリ・カッサリアさんは野生動物を一旦保護し、野生に戻す活動を行っている。動物が大好きで、2匹の犬と25歳になるカメを飼っている。

 これまで、孤児となった2匹のオポッサムを保護し、独り立ちできるまで育て上げ無事野生に返していた。

 ところがどっこい、今回保護したオポッサムのオピーだけは違っていた。もちろん野生に戻りやすいようにお世話していたのだが、いつまでたっても甘えん坊。大きくなってもシェリさんのそばから離れようとしない。

 とてもじゃないけどこの状況で野生に返すことは無理ゲーだ。

【野生に帰すことを前提で助けたオポッサムのオピー】

net]
image credit


 シェリさんはある日、1匹の野良オポッサムに出会う。まだ赤ちゃんだったオポッサムにオピーと名付け、野生に帰す準備が整うまで世話をすることにした。

 これまでも2匹のオポッサムを保護し、独り立ちするまで育て上げて野生に返してきたシェリさんだったが、オピーは一味違ったようだ。拾ってくれたシェリさんのそばを離れない。

 「いつでも抱っこされていたいようで、私の袖をつかんで登ってくるんです。本当に甘えん坊なんですよ。」とシェリさんは語る。それだけではなく、シェリさんを毛づくろいしようとペロペロ舐めて愛情表現をするんだそうだ。

ここをペロペロしてきれいきれいしてあげるからね

insta-5


【なつきすぎて野生化は無理、家族の一員にすることに】

 特別甘やかしたわけではない。これまでと同様、野生に帰れるように適度な距離をとって接してきたつもりだった。

 オピーの甘えん坊で寂しんぼうが突出していたのである。このオピーが野生で1匹で生きていけるとは思えない、そう判断したシェリさんはオピーを家族の一員として引き取ることにした。

 すべてはオピーの計画通り?
 とにかくシェリさんにぴったりんこ

net]
image credit

 シェリさんだけではない。シェリさんの飼う2匹の犬のことも大好きで、今はもう名実ともに兄弟だ

net]
image credit

 野生に帰すには一旦完全に接触を絶たなくてはいけない。ところがオピー隔離しようとすると大声で鳴き叫び、シェリさんの姿を探す。どうしても離れたくないのだ。

net]
image credit

 ここまでなつかれちゃったらもうどうすることもできない。シェリさんはオピーと本当の家族になることを決めたのだ。


【どっぷり家族の一員に】

 そしてオピーが仲間になって2年が経った。

net]
image credit

 現在オピーはシェリさんとシェリさんの旦那さん、そして2匹の犬たち、25歳のカメと共ににぎやかで楽しい暮らしを満喫しているよ。

net]
image credit

 現在オピーはシェリさんと共に、子供たちにオポッサムの生態を教えるお仕事をしているという。子供たちにも大人気のマスコットだ。

net]
image credit

 「オピーは今、立派なオポッサム代表を務めてくれていますよ。」とシェリさん。オピーはかわいいだけでなく、お仕事もする感心なオポッサムなのだ。

net]
image credit

 とにかく人が好きなオピーは子供たちに会うのも好きなようで、お家の中では甘えん坊、お外ではオポッサム代表ととても充実したオポッサムライフを送っているようだ。


via:Woman Takes Care Of Orphaned Opossum, And Now It Refuses To Be Released Back Into The Wild translated kokarimushi / edited by parumo 

カラパイア

「オポッサム」をもっと詳しく

「オポッサム」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ