「はい、ここからここまでは食べちゃダメ!」羊に草を食べられないよう進入禁止区域を守るジャーマン・シェパード

4月17日(水)0時30分 カラパイア

no title

 警察犬や災害救助犬・軍犬として活躍しているジャーマン・シェパードだが、その名の意味は「ドイツの牧羊犬」である。

 ゆえに牧羊犬としてもすぐれた能力を発揮するのだ。知的で忠誠心と服従心に富み、訓練を好む性格から種々な作業を的確にこなしていく。

 ここに紹介する2匹のジャーマンシェパードは、一定区間の草を羊に食べられないようにフォーメーションを組んで羊の侵入を防いでいる姿である。
 

Don't eat this!!!!

 羊の群れの移動にあわせて、お互いの位置を確認しながら一定区間の草(芝生?)の生えてる地帯に入らせないように移動するジャーマンシェパード。

1

 羊たちも青々としておいしそうな草があるのに、茶色い地面の見えるあまり草の生えていなさそうな場所の草を食べているのが健気だ。

 っていうかそこ草ある?

2

 この動画に関する海外の反応は・・・

・羊「今日はたまたま草を食べたい気分じゃないだけだから、ほんとたまたまだから。じゃなければあんたたちなんか・・・」

・犬は環境にやさしい生き物なんだな。

・羊は隙あらば草をと狙ってるけど、ジャーマンシェパードが目を光らせるから隙が無い。こんだけ頭数いるのに完璧な仕事っぷり

・訓練されたジャーマンシェパードって本当にすごい!

・私に羊が調教できれば、おいしい草の方を食べるように指示したいな。
↑・簡単だよ。ジャーマンシェパードが2匹いればね。

・すげえな、どうやって訓練したのかな。

・私はボーダーコリーを飼っているけど、しつけた覚えはないのに近くに羊の群れがいたから、いつのまにか羊たちをまとめるようになってた。本能なのかな?

・遺伝子に牧羊犬の血が流れてるのかな。ジャーマン・シェパードっていうくらいだからドイツ人のように効率的な動きするな。

カラパイア

「警察犬」をもっと詳しく

「警察犬」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ