テレビの中で投げられたダーツの矢を拾いたい犬

4月17日(火)12時2分 the WOOF

テレビ好きな犬たちは、テレビで起きている出来事を実に真剣に見ているものです。中には「箱の後ろには何もないのはどういう訳だろう」と疑問に思う犬もいますが、あまり疑問を持たない犬もいます。


ジョンソン家に住むスプリンガー・スパニエルのミリー(Millie)も、割と素直なタイプの犬。パパと一緒にテレビでダーツの大会を観戦し、そこで投げられるダート(手投げの矢)に夢中になってしまいます。


さすが鳥猟犬として活躍してきた犬。選手が「シュパッ」と投げるたびに、見事な瞬発力で矢を追いかけます。ドドド。


残念ながら本物の矢を見つけることができないミリーは、何度もすごすごとテレビの前に戻ってきます。ちょっと悲しい…



さて、ミリーとパパが観戦していたのは、世界最高峰のダーツ・トーナメント、PDCワールド・ダーツ・チャンピオンシップ(WDC)。ダーツはヨーロッパではメジャースポーツで、一流プロになると収入だけでなく名誉も手にすることができるそう。PDC WDCになると優勝賞金は40万ポンド(6千万円超)にもなるそうです。すごいなぁ。


Featured image creditHave you ever seen a dog that chases after darts… – Bernadette Johnson / facebook



the WOOF

「動物」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「動物」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ