これでまた飛べるはず。深刻な感電で翼を失った鳥の手術

4月21日(金)21時30分 カラパイア

net]_e

 マランダーでも賢く愛嬌抜群の鳥として知られているオウムだが、絶滅が危惧されている種である。そのため、様々な団体がオウムを絶滅から守るべく活動している。

 オーストラリア、パースにあるパース動物園に電線で感電し、羽が焼け焦げた1羽のオウムが運び込まれた。

 羽の損傷は深刻で下半分の羽は焦げてなくなってしまっていた。鳥たちにとって羽がないということは命取りである。そこで、医師たちが失われた羽を移植するべく知恵と技術を振り絞って手術をすることとなった。
net]
image credit

 生命の危機に瀕しているオウムを救うべく医師が集まった。
net]
image credit

 移植の方法とは、すでに死んでしまったオウムの羽を取り出し、麻酔で眠っている傷ついたオウムに接着剤でつけていくというもの。単純なことのように聞こえるが、接着剤が乾く前に正しい位置と角度でくっつけなければ努力が水の泡になってしまうという、スピードと正確さを求められる手術だ。

net]
image credit

 まずは羽に接着剤をつけ、
net]
image credit

 乾かないうちに羽の生えていた場所につける。
 慎重かつ丁寧に、そして何よりも正確に
net]
image credit

 そして無事に接着成功
net]
image credit

 問題がなければ、オウムは野生に帰るリハビリセンターへ行き、そこで体力の回復や飛行能力のチェックを受けることになる。そして羽は生え代わりの時期に自然と抜け落ち、再び自分の羽で飛ぶようになる。

 野生のオウムは絶滅の危機に瀕しており、パース動物園はオウムの保護や治療、リハビリや研究を積極的に行っているとのこと。

 以下は手術の様子を映した動画である。

Injured Cockatoo Gets New Wings


via:This Bird Was Badly Burned And Needed New Wings. Wait Until You See It Now! translated kokarimushi / edited by parumo 

カラパイア

この記事が気に入ったらいいね!しよう

感電をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ