毎年14,000kmの距離を飛んで会いに来る。飛べない彼女への愛を貫き16年。コウノトリカップルの純愛物語

4月24日(火)11時30分 カラパイア

2_e0

 クロアチア東部、ボスニア・ヘルツェゴビナとの国境沿いに、スラヴォンスキ・ブロッドという町がある。コウノトリのマレナは、この町の郊外で暮らしている。翼を傷めていて、飛ぶことができないのだ。

 マレナを保護しているのは、71歳になるスティエパン・ヴォーキッチさんである。3人の息子はそれぞれ遠くへ巣立ち、妻とは死に別れたため、現在は一人暮らしだ。

 25年前、まだ幼いマレナは翼に銃弾を受け動けない状態だった。それを発見したヴォーキッチさんはマレナを保護し、甲斐甲斐しく面倒をみている。

 もう二度と飛ぶことは叶わないマレナだが、彼女を見初めたオスが現れた。クレペタンはその愛を貫き、毎春1ヶ月をかけ、14,000km以上の距離を越えて帰ってくる。

 コウノトリは渡り鳥なのでずっと一緒にいることはできないが、この通い婚は16年も続いているという。

【飛べなくなったコウノトリ】

 1993年、25年前のことである。スティエパンさんは、お気に入りの釣り場での一ヶ所で、まだ若いマレナを発見した。マレナはケガをしていて動けなかった。翼に銃弾を受けていたのだ。

 スティエパンさんはマレナを連れ帰って保護した。献身的な看病で健康を取り戻したマレナだが、残念ながら飛べるようにはならなかったのだ。

 スティエパンさんはマレナが冬を過ごす倉庫を十分に暖め、水槽と巣を入れた。マレナはここで「人間のお父さん」と一緒に冬を過ごすのである。

in_the_room
image credit: YouTube

 スティエパンさんはここでマレナに定期的に水浴をさせる。脚には保湿クリームを塗ってあげる。そしてマレナが寂しくないよう、一緒にコウノトリのドキュメンタリー番組を見る。

 「そのまま放っておけば、遠からずキツネか何かに食われていたことでしょう」とスティエパンさん。

 「私が保護したことで彼女の運命を変えてしまった。ですから、私はマレナの人生に責任があるのです」


【飛べないマレナにも恋の相手ができた】

 保護されてから9年がたった。飛べないマレナにもつがいの相手ができた。

1_e1
image credit: YouTube

 クレペタンと名付けられたそのオスは、脚につけられた追跡システムによると、南アフリカ、ケープタウンの近くの湿地で北半球の冬に当たる時期を過ごしている。

 そして毎春、1ヶ月をかけ、14,000km以上の距離を越えて帰ってくるのだ。
klepetan
image credit: YouTube

 無事に再会した二羽は、夏の間に、スティエパンさんの手も借りつつヒナを育てるのである。スティエパンさんは毎日30kmの距離を釣りに行き、コウノトリ一家のために小さな魚を20匹以上釣ってくるのだ。

fed
image credit: YouTube

 クレペタンは自分で魚を捕りには行かないという。しかし、遊んでいるわけではない。ヒナたちに飛び方を教えるという大仕事があるのだ。こればかりはスティエパンさんが代わることはできない。

 「私は自分の子どもたちを育てました。だから、マレナにもそうしてほしいのです」

 クレペタンの「通い婚」はもう16年続いており、巣立った雛の数は60羽を超えている。


A stork love story

【秋の別れと春の再会】

 ヒナの成長は早く、孵って2ヶ月もすると渡りができるくらいに成長し、アフリカを目指して飛び立つ。クレペタンはさらに2ヶ月をマレナと共に過ごし、秋になるとしばしの別れを告げ、子どもたちの後を追うのだ。

 だが、旅立つクレペタンにとっても、残されるマレナにとっても、別れの時はつらい。スティエパンさんによると、マレナは「あなたは早く旅立って。私は行かれないから」とでも言っているようなそぶりを見せるという。

 するとクレペタンは屋根に上がり、マレナのことを見ようとしなくなる。そうして2、3日過ごした後、マレナが生きていることを確認して、アフリカへと旅立っていくのだ。

on_the_top
image credit: YouTube

 残されたマレナは10日間ほど嘆き悲しんでいるという。

 そこで、スティエパンさんはマレナを釣りに連れて行き、気持ちを切り替えてやるのだ。そうして、一人と一羽で共に冬を越せるようになるのだそうだ。

 「アフリカに連れて行くことはできませんが、釣りになら連れて行けますからね」

back_from_fishing
image credit: YouTube

 そして翌春のクレプタンの帰りを待つのである。クレペタンの帰還は、マレナにとってはもちろん、スティエパンさんにとっても喜びだ。

 「息子の一人が帰ってきたような気がするんですよ」


The man who adopted a stork - BBC Travel Show

References: Oddity Central / YouTube など / written by K.Y.K. / edited by parumo

カラパイア

「コウノトリ」をもっと詳しく

「コウノトリ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ