犬の毛の基礎知識!仕組みや役割について

5月3日(木)16時0分 わんちゃんホンポ


暑さや寒さから身を守るため

オーストラリアンシェパードと太陽


夏は紫外線や日光から皮膚を守るために。


冬はカラダを温め冷えから守るために。


暑さや寒さから身を守るために被毛がとても重要な役割を担っています。


ダブルコートの犬であれば、冬にはよりカラダを温めることができるアンダーコートが生えてきますよね。


サマーカットに賛否両論がある理由

夏場、少しでも暑くないようにと愛犬の被毛をサマーカットにしている飼い主さんも多いですよね。


私たち人間も着る服が薄ければ薄いほど涼しくなりますし、犬も同じように被毛の量が減れば涼しくなるのではないか、そう考えるでしょう。


しかし、サマーカットには賛否両論があります。


それは、被毛の役割を十分に果たすことができなくなってしまうほど短くカットしすぎてしまっている可能性があるからです。


夏に短すぎるサマーカットをしてしまった場合、皮膚が紫外線や日光の影響を受けやすくなってしまい、皮膚病の原因になってしまったり、熱中症のリスクも高くなってしまいます。


冬であれば短すぎるサマーカットによってカラダを温めるという被毛の役割が失われてしまいます。


外敵や外傷から身を守るため

森の中の秋田犬


ほぼ全身に被毛があり、外敵や外傷から身を守るという役割を担っています。


現在では、犬用の服や靴下や靴なども外敵や外傷から守る便利なアイテムがたくさんありますが、人間と暮らす以前の犬は外で暮らし狩りをしていましたが、生活する上で被毛を身に付けていないと外敵に襲われてしまったときにケガを負ってしまったり、外傷が致命傷になってしまう恐れがあったのです。


森や林の中を歩いたり走ったりすれば、木の枝や植物の棘でケガをしていたことでしょう。


被毛があることで外敵に襲われてしまったときも木の枝や植物の棘に触れてしまったときも、軽症で済んだのだと思います。


猫にガブリ!

お散歩をしているとき、突然、愛犬に野良猫が飛びついてきて、ガブリ!と首元に噛みついてきたことがありました。


念のために病院へ連れていったのですが、全くの無傷でした。


ダブルコートですし、冬だったので分厚い被毛で被われており、外敵から身を守ることができたのだと思います。


野生ではなくなった現在の犬にも、被毛によって外敵から身を守ることが必要なのだということがわかりました。


皮膚病から皮膚を守るために

フードをかぶったチワワ


犬の皮膚はとっても薄いです。


そして、とっても乾燥しやすいです。


そのため、被毛によって直接的な皮膚への刺激やダメージを守らなければなりません。


犬は皮膚病になりやすいため、被毛がとても重要な役割を担っているのです。


体温が急激に下がってしまうことを防ぐ

犬の皮膚はとっても薄いと言いましたが、その薄い皮膚が雨などによって濡れてしまうと体温が急激に下がってしまいます。


雨の日もお散歩へ行く犬がいると思いますが、お散歩の後に被毛の奥の方や皮膚を確認したことはありますか?


意外と濡れていないんです。


被毛があることで、皮膚まで濡れてしまうことを防ぐことができているからです。


カラダを大きく見せるために

岩の上のシベリアンハスキー


動物の中には、立ち上がってカラダを大きく見せたり、カラダを膨らませたりすることで、自身を大きく見せるなどし、外敵から身を守る動物がいますよね。


人間に守られるようになった現在の犬にはあまり必要のない役割かもしれませんが、野生で暮らしていた頃の犬には、被毛によってカラダを大きく見せることで外敵から身を守ることが必要だったのではないかとされています。


まとめ

歩くポメラニアンの子犬


犬の被毛は、カラダや健康を守るためにとても重要な役割を担っています。


「カットした方が可愛いから」


という理由で被毛をカットする飼い主さんも多いと思いますが、被毛が持つ重要な役割を失ってしまわない程度にしましょう。



わんちゃんホンポ

「日光」をもっと詳しく

「日光」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ