「お腹ナデナデがないと働けない…」とダダをこねる警察犬

5月12日(土)12時1分 the WOOF

地域の平和を守るために働いてくれている警察犬たち。


時には危険を顧みず、悪い奴らに攻撃を仕掛け、







K9s4COPs • K9s4KIDsさん(@k9s4cops)がシェアした投稿





時にはハンドラーと共に、空から攻撃を仕掛ける彼らですが。






そう入っても24時間365日、緊張し続けているわけではありません。


本日ご紹介するのは、アメリカはメリーランド州の小さな町の警察署に勤務するベルジアンマリノアのジャンゴ保安官。


ジャンゴ保安官はオンとオフの切り替えがはっきりしており、オフの時間は甘えん坊のパピーちゃん。出勤前の”家族の時間”に、「仕事行きたくなぁ〜い!お腹ナデナデしてくれないと、お仕事なんかしな〜い!」とダダをこねこねしているところを、撮影されてしまいました。


流出した動画がこちら。



こう見えてジャンゴは、2013年から署に勤務する優秀で真面目で経験豊富な麻薬探知犬。いつもはお仕事好きな彼ですが、春の日差しの「サボっちゃおうぜ!」という声には抗えなかったのかもしれません。


わかるよジャンゴ、その気持ち、わかる。


Featured image creditK9 American🇺🇸(@k9.american) • Instagram



the WOOF

「警察」をもっと詳しく

「警察」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ