保護施設で2381日過ごした犬。ついに家族に巡り合える(アメリカ)

5月15日(水)11時30分 カラパイア

no title

 動物の保護施設では、様々な事情をかかえた犬や猫が、自分を必要としてくれる家族に巡り合えることを信じて、待ち続ける日々を送る。

 最近では期限を決めず、新たな飼い主が見つかるまでずっと世話をし続ける施設も増えてきたが、すぐに新しい飼い主が見つかる子もいれば、しばらく施設の中で過ごす犬猫もいる。

 アメリカのオハイオ州にある保護施設には、長い間飼い主に巡り合うことができないでいる犬がいた。ヒギンスは施設の中で2381日、約6年半の間待ち続けていたのである。

 だがついにその日が来た!
・すぐに引き取りてが現れたがひどい扱いを受け再びシェルターに…

 オハイオ州プレブル郡にあるシェルター「Humane Society of Preble County」の事務局長レズリー・レナ—さんは、長年施設に留まったまま、引き取り手が見つからないヒギンスに関する心配を口にする度、周りから「もう安楽死させたら?」という言葉を何度も耳にしてきた。

 2012年、まだ子犬だった頃にこのシェルターに連れて来られたヒギンスだが、実はその時すぐに飼い主が見つかり一度は引き取られていた。

 ところが、その生活は理想とは大きくかけ離れたもで、ある人により再び施設に戻ってきたのだ。ヒギンスは、引き取られてからの1年間、飼い主にずっと犬小屋に鎖で縛りつけられる生活を送っていたのだ。レズリーさん変わり果てたヒギンスを見て、野良犬と見間違えたほどだったそうだ。


・年を増すごとに誰にも見向きされなくなったヒギンス

 再び、施設生活に戻ったヒギンス。今度こそいい飼い主が現れてほしいとレズリーさんも願っていたが、施設に犬を求めてくる人たちはみな、ヒギンスを素通りした。

施設に来る人は、大抵、生後半年ほどの犬を求めています。ヒギンスがここに戻ってきた時は1歳でした。

誰にも求められず、2歳、3歳と年を取るうちに、施設を訪れる人たちも、「なぜ、そんなに長い間この犬は引き取り手がないのか。何か問題があるんじゃないのか」と思ってしまうようです。

ヒギンスは人懐っこいタイプではなく、あまり愛想がないので、余計にみんな素通りしてしまうのです。

と、語るレズリーさん。

 しかしそれでも、「いつかヒギンスに新しい飼い主が現れる」と希望を諦めたくはなかった。何より、ヒギンスも諦めていなかったに違いない。



・施設生活2381日目。ついに新しい飼い主が現れる

 だがついに!

 ついにヒギンスの目の前に、ヒギンスが良いという新しい飼い主が現れたのだ。施設生活2381日目のことであり、まさに運命の奇跡である。

 22歳のブレンドン・リードさんは、ヒギンスのことを施設の運営する里親募集サイトで知った。新しく家を購入したばかりのブレンドンさんは、「このヒギンスこそ、自分が求めている犬だ」と直感し、シェルターにヒギンスを引き取りにやって来た。


 これまで約6年半の間、シェルターに多くの人が犬を求めてやってきても、ヒギンスの前を素通りしていただけに、「ヒギンスを引き取りたい」とブレンドンさんから言われたレズリーさんは、うれしさと驚きのあまり激しく動揺したという。

 ブレンドンさんに引き取られて行ったヒギンスは、長く辛かったシェルター生活からついに解放された。と同時に、新しいブレンドンさんの家で芝生に寝転んだり、裏庭を走り回ったり、テレビを見たり、ソファで眠ったりする楽しさを味わえるようになった。


 後に、ブレンドンさんは動物サイトthedodoの取材で、「素晴らしい犬なのに、なぜ今まで誰も引き取ろうとしなかったんだろう?ヒギンスはいい意味でクレイジーな奴さ。リラックスするのが大好きで、今はとてもハッピーにしているよ」と話している。

 ヒギンスもまた、自分を毎日可愛がり、安心を与えてくれる“ダディ”のブレンドンさんの大切さをかみしめているようだ。

References:thedodo/ written by Scarlet / edited by parumo

カラパイア

「保護」をもっと詳しく

「保護」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ