なんじゃこりゃあ!大きな松ぼっくりがぎっしり。自動車のエンジンルームがリスの貯蔵庫になっていた件

5月22日(火)11時30分 カラパイア

car1
image credit:Facebook

 エサの乏しい冬に備えて食べ物を集め、ほかの動物に横取りされないよう隠しておく習性があるリス。

 しかも、そうした蓄えを大きさや種類で整理する(関連記事)こともあるらしく、かわいいだけじゃなくてしっかり者なんだ。

 ってことで隠し場所にだってたぶんこだわりがあるはずで、だから選ばれたのを光栄に思うべき・・・なのか!?

 5月中旬、ガーベ・アウリーさんがアメリカ・ミシガン州ゲイロードに仕事で出掛けたときのこと。

 上司で友人のケレン・ムーアさんが「見せたいものがある」というので駐車場へと足を運んだ。

 ムーアさんは愛車のダッジ・ジャーニー(アメリカのクライスラーが製造・販売する自動車)のボンネットを開けた。

 するとそこには・・・?



【エンジンルームが松ぼっくりの貯蔵庫に】

 ムーアさんのダッジ・ジャーニーのエンジンルームには、なんと大きな松ぼっくりがぎっしりと詰まっていた。

 車に乗ってエンジンをかけ、エアコンをつけると異音がしたためボンネットを開けるとこんな状態だったという。

 ムーアさんはこの車を約1ヵ月前に中古で購入。その際、エンジンルームをチェックしたが異常はなかったらしい。

car2
image credit:Facebook

【奥までぎっしり詰まっていて取り除けない!】

 アウリーさんとムーアさんはエンジンルームにぎっしりと詰まった松ぼっくりを取り除く作業に取り掛かった。

 約45分かけてだいたい取り除くことができたが、それでも奥の方にもまだ詰まっているそうだ。

 二人はおそらくリスの仕業だとしており、「今の時期はエンジンルームのチェックを忘れないように」と呼びかけている。

car3

car4

 なお、アウリーさんが貯蔵庫と化したエンジンルームを写真に撮りフェイスブックに投稿したところ話題を呼び、フェイスブック民からは次のような声があがった。

フェイスブック民の反応:
Gabe Awrey:
文字通り、満タンだね!

Nichole Burke:
こんなん笑うわ。

Ronnie Butler:
びっくりしたなぁ〜。

Sandy Daron:
冬に向けての蓄えね。

Marietjie Bonthuys:
あまり自動車を使わない人なのかな?

Susan Bryant:
気づかず、走行中に松ぼっくりが燃え出したら笑い事じゃなかったね。

David Rea:
まるでセメントのようにびっちり。

Karen Tintori:
私の息子も同じような目に遭ってたわ。

Janine Catherine:
私も2ヵ月以内に二度、同じ目に遭った・・・。

Devi Bauer:
私の車のエンジンルームにはネズミが住んでたわよ。

 自動車のエンジンルームといえばさまざまなアニマルが潜むことで知られているけれど、リスにかかるとバッチグーな貯蔵庫に早変わりしてしまう場合もあるんだね。

・車のボンネットの中に潜んでいた動物達(※ヘビ出演中) : カラパイア

References:Facebook / The dodo / Mashableなど / written by usagi / edited by parumo

カラパイア

「リス」をもっと詳しく

「リス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ