高いところがええねん。見ている方がハラハラするコウノトリの巣

5月27日(月)16時30分 カラパイア

storchennest-244826_640_e
JanneG/ Pixabay

 コウノトリは高いところに巣をつくる。人間の目からすると、なんだか危なっかしく、理想的なマイホームとはいえないように見える。

 だが、コウノトリにとってはこれが最善だったのだ。高所に巣を作ることで種を維持してきたのだ。
・高いところに巣を作るコウノトリ

 とにかくコウノトリは高い所に巣を作る。基本的には湿原に面した大木の樹上に巣を作るのだが、採による営巣木の減少により、人間が生活を営む地域にも巣を作るようになった。

 日本では国の特別天然記念物に指定されており、コウノトリが営巣するために人工巣塔も設置されているが、そういったものがない場合、彼らは高い建物の屋根、煙突、電柱や交通標識の上など、とにかく高い場所を見つけては巣を作るのだ

portugal-1562026_640_e
jacqueline macou/ Pixabay

・ヨーロッパ人とコウノトリのかかわり

 ヨーロッパ人の多くは、積極的にコウノトリに自分の家の屋根に巣を作らせている。これで繁殖力がダントツに増えるはずだが、高圧電流の危険性に悩まされているものも多い。

iStock-473851842_e
stevanovicigor/iStock

 ハンガリーのコウノトリは子育て中、頻繁に巣を出入りして、せっせとヒナにエサをやる。ヒナは毎日自分の体重の60%ものエサを食べるので、早く往復してたくさんの魚やカエルを運ばないと追いつかないのだ。

 ポルトガルでは、高速道路の高架標識の上にコウノトリが巣をつくっている。まるで、彼らが歩哨の役目をかって出ているかのようだ。

2_e0
Husond/wikimedia

 しかし、デンマークではコウノトリはあまり歓迎されていない。デンマーク人は、コウノトリに自分の家に巣をつくられると、その家に住んでいる誰かが、その年の終わりまでに死ぬという迷信が伝わっており、これにより嫌っているのだ。

10_e
Juan Jose Berho/ Pixabay

 営巣する建物が高いほど、コウノトリが見る眺めもよりすばらしくなる。ヒナたちの次のエサも見つけやすくなる。だが、歴史的建物が、時計の上に巣を作ったコウノトリのエサの残骸やフンで汚れるはめになっている。ひとつの巣が長持ちすることを考えると、コウノトリの巣と建造物セットで地元の名物といっていいかもしれない。

13_e
sharrocks/iStock

・コウノトリの一夫一婦制はワンシーズンのみ

 コウノトリの夫婦は一生添い遂げる一夫一婦制を貫く、と多くが信じている。

 実はコウノトリはワンシーズンのみの一夫一婦制なのだ。次のシーズンに、同じ相手とつがいになるケースはあまりない。とはいえ、いったん夫婦になれば、その間は互いに誠実であることは確かだ。

 教会のてっぺんに営巣するのは正しい選択だろう。初期キリスト教では、コウノトリは白い結婚の象徴となり、重んじられた。だが、現在ではこの考えはすたれている。

12_e
Mercedes Rancano Otero/iStock

・コウノトリが電柱を選ぶ理由

 コウノトリはそこから飛び立ったり、着地する高くて見晴らしのいい場所を必要とする。なるべくエネルギーを節約して、舞い上がって滑空し、長い距離を移動して、家やエサを探す。

 電柱は、コウノトリたちにとって、巣をつくるのに格好な場所に見えるに違いない。いくつかの巣は慎重に適度な距離を保って、整然と並んでいる電柱もある。コウノトリは自分の仲間だけでなく、ほかの鳥と隣り合わせになっても、仲良くやっていくことが多い。

 電柱という場所をわざわざ選ぶことの重要な要素は、このエリアで安定した大量のエサをゲットできるかどうかということだ。

iStock-1053098518_e
colimachon/iStock

 コウノトリは、魚、両生類、昆虫、爬虫類などなんでも食べる。齧歯類やその他の小型哺乳類も例外ではない。だから、子供のためにかわいらしい子猫を飼ったら、コウノトリの目の届くところで遊ばせないようにしないといけない。


・コウノトリと人間のかかわり
 
 巣の近くに住む住人が、コウノトリの鳴き声に悩まされる心配はない。コウノトリには、鳴管がないからだ。鳴管は鳥の発声器官だが、コウノトリはこれが発達していないので、鳴くことができない。だから、近くにいても煩わされる心配はないだろう。

 その代わり、くちばしをたたいてカタカタ音を出す、クラッタリングをする。おとなのコウノトリにとって、このクラッタリングはコミュニケーションや絆を強める意味があるため、しょっちゅうやっている。


Clattering.Oriental Stork.コウノトリのクラッタリング(くちばし音)

 コウノトリは、人間の親たちが自分たちの子どもに、子供はどうやってつくるのか、ということをすぐには教えないための手段として、長い間利用されてきた。

 「赤ちゃんはコウノトリが連れて来るのよ」という言葉は、とりあえず真実をごまかすために親がよく使う決まり文句だ。

 ヘブライ語では、コウノトリのことはハシドというが、これは信仰を厳格に遵守し、敬虔に神を畏れ敬う人のことを意味する。

 コウノトリは、高みから世界を見渡し、まめまめしく世話をする良き親の象徴となった。古代の文書には、コウノトリの親は動物界でもっとも愛情深いと記しているものある。

 たとえ、巣が火に包まれても、親は決してヒナを見捨てず、そばにいて共に死を選ぶという。この話は半分伝説だが、こうした伝説が多くの文化の中で、コウノトリを力強いシンボルにしている。

 聖書のレビ記の中でも、コウノトリは食してはいけない鳥としてはっきりと明記されている。

 以下の動画は森林火災中、高い所に巣を作っていたおかげで難を逃れたロシアのコウノトリの姿だ。


Stork's nest amid fire spreading through woodlands in Russia

 ちなみに最近日本でもコウノトリが話題となった。北陸電力は5月10日、コウノトリが巣を作った電柱の配電系統の変更工事を行ったのだ。


 これは、コウノトリの感電を防止するための施策である。ヒナが誕生するまで暖かく見守る予定だという。

References:Avian Architecture – the Precarious Nests of the Stork | The Ark In Space/ written by konohazuku / edited by parumo

追記:(2019/5/ 27)本文を一部訂正して再送します。

カラパイア

「ハラ」をもっと詳しく

「ハラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ