盲目の女性、特殊なメガネを使用してずっと誘導してくれている盲導犬を見た時の反応

5月29日(火)21時30分 カラパイア

dropped50
 
 アメリカ、ノースカロライナに住むメアリーさんは元医師。両側視神経炎という病にかかり、失明してしまう。医師として活躍していたメアリーさんは絶望し、その後長い時間を孤独の淵で暮らした。そんなメアリーさんを助けるべく現れたのが補助犬のゴールデン・レトリバー、ルーシーだ。

 ルーシーとメアリーさんはあっという間に意気投合した。ルーシーはメアリーさんを突然襲った暗闇の世界に光る一筋の灯だった。どこへ行くにも1匹と1人は一緒。そのうち、メアリーさんはひとつの望みを持つようになる。「私をいつも助けてくれるルーシーはどんな顔をしているのだろう。どんな毛の色をしているのだろう。」


Legally Blind Woman Sees Guide Dog For First Time

 そこでメアリーさんは障がい者用のハイテク特殊眼鏡を使って、長年の相棒であり友人のルーシーの顔を見ることを決意する。

 眼鏡に内蔵されたカメラが映像を録画して、特別なソフトでその映像を微弱な視力でも認識できる映像に変換することで見えるようにしてくれる眼鏡なんだそうだ。

 助手のひとの手助けを受け、眼鏡を装着するメアリーさん
dropped51

 微調整が行われ、ついにご対面の時だ
dropped52

 やっとルーシーの顔を見ることができたメアリーさん、思わず声を詰まらせてしまう
dropped53

 全身を確かめるかのように撫で、抱きしめるよ
dropped54


 ある日突然「目に映るものがのろく、そして薄くかすれていくようになった」というメアリーさんは激しく落ち込んだそうだ。そんなメアリーさんにとって、ルーシーは両目であり、心の支えであり、恩犬であり、親友であり続けた。毎日この特殊な高性能眼鏡をかけることは難しいのだろう。だけれども、ルーシーの顔を見て抱きしめあったという事実がメアリーさんの心にいまだかつてない生きる希望と力を生み出したことは間違いない。1匹と1人、これからも仲良くやっていけるといいね。


written by kokarimushi

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

カラパイア

「盲目」をもっと詳しく

「盲目」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ