適応進化?同調圧力?フラミンゴの群れの中にいたアヒル、片足をあげがちになる件

6月7日(木)0時30分 カラパイア

no title

 フラミンゴと言えば一本足で立つことが知られている鳥だ。足を交互に取り換えながら1本足で眠ることすらできる。

 その理由はいまだ完全に解明されておらず、「片足を休めることで天敵に襲われた時に素早く動きだせるから」や、「片足だけを水につけることで体温が奪われるのを防ぐため」、「足の筋肉の疲労を減少させるため」など諸説ある。

 何らかの理由あっての一本足立ちなのだが、周りがみんなそんなだと、自分もそういなければという同調圧力なのか、それとも環境に適応してしまったのか、その群れにまじったアヒルの場合には、片足をあげがちになるようだ。


When you think you re a flamingo

 水辺に集まる、ピンク色のフラミンゴ軍団の中
 1羽だけ毛色の違うアヒルが。

1

 ん?んぬ?
 一生懸命頑張って片足を上げているぞ

2

 まわりがみんなそうしていると、自分もそうせざるを得ないと思ったのか、そっちの方がかっこいいと思ったのか、仲間になりたかったのか?アヒルの気持ちはアヒルじゃなきゃわからない。

 だがその一生懸命さは人間の感動させることは確かなんだ。

 ちなみに以前も、同じようにフラミンゴの群れの中に混ざって片足をあげているアヒルの姿が確認されている。同じアヒルなのかどうかはちょっとよくわからないが。

・フラミンゴの仲間になりたかったアヒルがとった行動

カラパイア

「フラミンゴ」をもっと詳しく

「フラミンゴ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ