これもまたNNNをやり方か。飼い犬の散歩中に草むらの中に子猫を発見!その数10匹。みんなしっかりお持ち帰り。

6月8日(金)21時30分 カラパイア

dropped101
 
 マランダーでもまことしやかに流れている猫による猫のための暗躍組織NNNの噂。猫のいない家や飼ってくれそうな家、優良物件と見なされた下僕や下僕見習いの家にある日突然現れ、子猫や野良猫を派遣していく組織である。

 その活動は絶え間なく、そしてワールドワイド、時に国家権力をその肉球のうちにおさめてきた。

 大体において単体で潜入捜査を行うことが多いNNNの刺客だが、今回は小さな毛玉10匹による活動報告があがっていたのでみんなでシェアしたい。



Ten Kittens Rescued Along Road || ViralHog

 今年の5月29日、オーストラリア、クイーンズランド州ドルビーでいつものように愛犬コーダさんの散歩を楽しんでいた女性の耳に、突然子猫の鳴き声が聞こえてきた。それもどうやら複数だ。よく見てみると、草むらから小さな子猫たちが出てきたという。その数10匹。

 「典型的なカントリーガールの私は小さなころから動物と過ごすのが当たり前でした。どの動物も等しく尊いと思っています。子猫たちがあのまま草むらにいたら凍えてしまうし、車にひかれてしまうかもしれません。なので私の家まで誘導しました。一番小さな子は疲れてしまっていたので、私が運ぶことにしました。」

dropped102


 子猫たちはしっかりと女性にターゲットロックオン、うしろにくっついて帰ってきたようだ。
dropped103


 この女性は10匹中9匹にしっかりとした里親を紹介し、おそらく残り1匹は自身の家で引き取ることにした模様だ。日本では梅雨入りしたばかりだが、季節が逆のオーストラリアでは今はそろそろ冷たい風が身に染みる季節。子猫たちは今後はあたたかで安全な場所で幸せに暮らしていけそうである。

 NNNからの刺客がやってこない、とため息をついて待っている仲間たちも少なくないだろう。しかし、NNNはあなたをリストから外すことはない。思いもよらぬ最良なタイミングを見計らっているだけなのだ。

written by kokarimushi

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

カラパイア

「子猫」をもっと詳しく

「子猫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ