シベリアン・ハスキーによる洗面台独占問題。洗面台にしがみついてお水を飲むハスキーったら

6月13日(水)21時30分 カラパイア

dropped17

 そろそろ6月も半ばになる。梅雨の時期が終われば、夏はもうすぐそこだ。すでに熱中症になってしまった方のニュースもちらほら聞こえてくるわけだけど、マランダー的には、動物たちの水分摂取する様子を見て、我々人間もうっかり忘れがちだけど、お水や飲み物を飲むってことを意識的に行っていきたいんだよ。

 今日は洗面台にしがみついて、せっせと水を飲むハスキーの背中から学んで、我々も水分摂取に励んでいこうと思う。


Thirsty Husky

 なんてったって、既存の枠をきょとん顔で壊していくのがみんな大好きシベリアン・ハスキー。今回もちょっと無理な姿勢で洗面台にぐゎしっとつかまりお水を摂取だ。その姿はお水が飲みたいのか、それともただ理由なく洗面台にしがみついて水とたわむれていたいのか理由がわからなくなってくる。

 背後からの視線には全く気付かぬ様子でせっせと水を飲むシベリアン・ハスキーのジェナさん
dropped18

 時折体勢を調節しながら真剣に洗面台をぺろぺろ
dropped19

 台も冷たくて気持ちいいのかもしれない。
 ぎゅっとつかんだその前足から「離さない」っていう気持ちが伝わるようだ
dropped21

 最後は見るに見かねた飼い主女性から「ジェナ」と声をかけられたところで動画は終わっている
dropped22


 もちろん、水用のボウルにも水はたっぷり準備されているのだろう。だけどもそこはやっぱりハスキーだから。理屈とか常識とかハスキーには通用しないのだ。水用ボウルを見つければおもちゃにお留守番させればこの惨状、ハスキーには定まった形だとか「当たり前」なんて言葉はない。日々をマイペースに楽しく、それがハスキーたちに通じるルールのようだね。

written by kokarimushi

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

カラパイア

「摂取」をもっと詳しく

「摂取」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ