犬の散歩でリードは短く持つべきなの?長く持つべきなの?

6月13日(水)20時20分 わんちゃんホンポ


犬のリードを短く持つ

赤いリードのダルメシアン


リードの持ち方

犬のリードを長く持つか短く持つかについては、基本的に犬と並んで歩いている時はやや短めに持つことをおすすめします。もちろんちょっと離れるだけで犬の首が締まるほど短く持つ必要はありません。犬と横に並んだ時に、まず犬から遠い方の手でリードの持ち手部分を持ち、犬に近い方の手でリードの中央あたりを持ちます。この時に犬に近い方の手の位置を調節してアルファベットの「J」の字を書くようにほんの少したるみがある状態で歩けるくらいの長さで持つのがベストです。


メリット

リードをこれくらい短く持っていれば、犬のきゅうな動きにもすぐに対応することができます。犬は散歩中、他の犬や猫、鳥、におい、自転車、人、落ちている食べ物などさまざまなものを見つけて興味を示して急に引っ張ることがあると思います。リードが長いと引っ張った時に反動がつきやすく、飼い主が感じる力も強くなってしまいます。中型犬や大型犬の場合ではかなりの負荷を感じますし、急な動きの場合転んでしまったり引きずられてしまったりすることもあります。リードを短く持っていれば走り出そうとした時点で抑えることができるので、リードが伸び切って引きずられてしまうような危険な状態にはならないとと思います。


また、リードが長いと周りの人に迷惑をかけることもあります。あまり道幅のない場所でリードを長く持っていると他の歩行者や自転車が通ることができなかったり、犬が苦手な人のそばにいってしまって怖がらせてしまうことなどもあります。特に狭い場所ではリードが短めに持ち、しっかりと飼い主の足元を歩かせるようにしましょう。


犬のリードを長く持つべきはどんな時?

芝生を走るトイプードル


道を歩いている時は基本的にリードは短めに持つことがおすすめですが、ではどのような時にリードを長めに持てばいいのでしょうか?


公園などで地面のにおいをかいだり他の犬とあいさつをしたり、ある程度自由に過ごさせたいと思った時はリードを長めに持って犬の意思で行く方向ややることを決めさせてあげるようにしましょう。特に犬同士であいさつをしている時などは長く持ち、リードがピンと張ってしまわないようにした方がいいと思います。


長く持つときの注意点

リードが張って首や体を引っ張られている状態というのは、実は犬がとても興奮しやすい状態なのでちょっとしたことで喧嘩になってしまうということも少なくありません。犬同士のトラブルを回避するためにもリードが張ってしまわないように余裕のある状態で持つように気をつけましょう。

犬のフレキシブルリードは使い方に気をつけて!

フレキシブルリードで歩くゴールデン


リードを短く固定したりフリーな状態にしたりできるフレキシブルリード(伸縮リード)はとても人気があり、使っている人も多いと思います。しかしこれは意外にもケガや事故などトラブルの元になりがちなアイテムなので使用時は十分注意が必要です。


特に伸び縮みできるフリーな状態にして歩いているとまわりの人や犬などの方に行ってしまって驚かせたり、犬に近くに来てほしくない人に対して迷惑をかけてしまうこともあります。また、フレキシブルリードのリード部分は細いワイヤ—タイプが多いのであまりにも飼い主と犬の距離が離れていると間にリードがあることに気がつかない人がいます。リードがある場所を通ろうとして思わぬ事故につながることもあるので、フレキシブルリードをフリーの状態にする時は周囲に十分注意して使うようにしましょう。


<まとめ>犬のリードの持ち方について

リードをくわえているジャックラッセルテリア


犬のリードを長く持つのも短く持つのもどちらも正解です。大切なことは状況や場所によって適切な長さで持つように使い分けをするということ。道を歩いている時などは引っ張られたり、他の人や自転車に近づいたりしないようきちんと犬の動きをコントロールするために短く持つようにし、においかぎや他の犬との遊び、飼い主と遊ぶ時など自由に過ごさせる場合には長めに持つようにするといいでしょう。


短く持っている時間と長く持っている時間をしっかりと区別することで、犬も「今はきちんと歩く時間」「今は自由に遊ぶ時間」と理解しやすくなりお互いに快適にお散歩がしやすくなります。最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが、ぜひリードの持ち方の使い分けにチャレンジしてみてください。



わんちゃんホンポ

「散歩」をもっと詳しく

「散歩」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ