アメリカンチェリーを猫は咥えて揺れて、真面目な顔でかわいいヘドバン

7月1日(水)9時0分 猫ジャーナル



ヘドバンするとき、サクランボかアメリカンチェリーを口に咥えると、世界が少し平和になる気がしてきました。いわゆるひとつのアメリカンチェリーのパックから、1つ選んで軸を咥えて検品する猫の仕事風景をご覧あれ。

ダークレッドに色づいた、プリプリと大粒なアメリカンチェリー(Bing種)をしげしげと見つめ、1つ取り出し軸を咥えた猫。よいサクランボの見分け方は、軸をじっくり観察すること。軸の太さと緑の濃さ、そして乾燥具合を確かめて、より太く、緑色で、弾力のあるものを選ぶのがコツであります。サクランボ農家が伝授する見分け方を知っているかのように、軸のしなやかさをテストするパステル三毛猫さん。振っても振っても実が落ちないということは、新鮮な証拠。さらにヘドバンによる振れ具合で実の重さも確かめられるわけで、どうやら検査官お墨付きの贈答用2L秀品のようです。しかしながら、検査官の味覚にはそのおいしさは感知できないようでして、検査が終われば用済みとばかりにボトンと落下。ロックな気質は筋金入りのようです。[Cat Dangles Cherry From her Mouth – 1123777/YouTube]

猫ジャーナル

「アメリカ」をもっと詳しく

「アメリカ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ