心やさしき登山者、25kgの犬を背負って山を降りる

8月8日(水)7時0分 the WOOF

ティナ・バーガスが傷ついた犬に出会ったのは、頂を制覇し、山を下っていたときでした。


場所はアイダホ州にある人気のハイキングスポット、テーブルロック。ひとりで頂上へ向かった彼女は、父親との待ち合わせ場所を目指して下りの道を歩いていました。


そこで、足に怪我をしたイングリッシュ・スパニエルと、犬の所有者を探すハイカーたちにに出会ったのです。


ティナさんは振り返ります。「ハイカーたちは、私の犬かと尋ねました。それから、登山道のどこかで”迷い犬”の貼り紙を見かけたとも言っていました」どうやら犬は誰かの飼い犬で、山でうろつく間に怪我をしてしまったようなのです。


ネームタグによれば、彼の名前はブーマー。犬と一緒にいたハイカーは山頂に向かう途中だったし、子供連れでもあったから、ティナさんは自分が彼を救おうと決意しました。


「OK、ブーマー。私が助けてあげる」


2302 1 thewoof


ティナさんは25kgの犬を肩に担ぎ、父親の待つ場所へ歩いていきました。76歳になったテッド・カスパーは、今回は疲労のため山頂への挑戦を諦め、娘の戻りを待つことにしたのです。


テッドは、犬を担いで山をおりてくる娘の姿に、思わず笑ってしまいました。「今回の山歩きって、十分ハードじゃない?犬まで担いでさらにハードにする必要ってあるの?」


40歳の娘であり、3人の子供の母親は答えました。「パパ、この犬は迷子だし怪我もしてる。他に誰もいないけど、私ならできる」


犬を抱えた山下りは、登山やハイキングの経験が豊富な親子にとっても大変なチャレンジとなりました。そもそも彼女は、犬に出会った時点で十分に疲労していましたし、普段は楽な登山道は、雪と瓦礫のため歩きにくくなっていました。父娘は二度も道を誤り、何度かはブーマーを膝にかかえて滑り降りることもありました。


2302 3 thewoof


雨にも祟られてしまいました。


「首と足がほんとうに痛くて、傷だらけで疲れてきっていました。ブーマーをかかえ続けられるのなんて無理だと思いました。でも、犬を置いていかなければならないと考えたら、涙がでてきた。死んでほしくなかったから」


力尽きかけた彼女を支えたのは、父親でした。


「彼が冗談を言うから、笑っちゃったんです。そうしたら、大丈夫、私ならできるって、思えるようになりました」


小さくお祈をしたあと、ブーマーを担ぎあげると、なんだか誰かが引き上げてくれているかのように、犬は軽く感じられました。


そして、前へ前へと進みました。


食べ物を分け合い、雪を食べ、歩きにあるいて、3人はようやく麓に辿りつきます。時間は午後6時頃。ブーマーとティナの出会いから、6時間が経過していました。


2302 2 thewoof


ティナは、麓のメモに記載されていた番号に電話をし、家族にブーマーの無事を伝えます。家族はもちろん大喜びしますが、実は一家はアリゾナに転居するため、ブーマーを別の家族に譲り渡そうとしていたところだったのです。


3家族は話し合いを行い、最終的にティナがブーマーを引き取ることになりました。トリックが得意でお腹ナデナデが大好きな犬は、ティナの4番目の子供としての生活を楽しんでいます。


2302 4 thewoof


「15年間、犬のいない暮らしでした。だけど今やブーマーは、私たち

の家族の一員です」


「ブーマーが助けを求めていたあの時に、私があの場所にいたのには、何か理由があったのかもしれません。あのとき私たちは、お互いがお互いの守護天使でした」


h/t to Hero hiker says angels and laughter helped her carry hurt dog down mountain to safety | MNN – Mother Nature Network



the WOOF

「登山」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「登山」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ