猫がソルトランプをなめて重体 獣医師が危険性を警告

8月13日(火)15時0分 ねとらぼ

愛猫・ルビー

写真を拡大

 猫が、家にあるソルトランプをなめて食塩中毒になる事件が発生。ソルトランプが猫や犬に与える危険性について、豪ニューサウスウェールズにある動物病院「ローズ・アベニュー・ベタリナリー」がFacebookにて警告しました。
 事件が起こったのはニュージーランド。飼い主は愛猫・ルビーの歩き方が変だと気付きましたが、そのときは「寒いからだろう」と気にせず、いつものように仕事に向かいました。しかし、帰ってきたらルビーの様子は急激に悪化!
 動物病院に連れて行くと、神経系に問題が起こっていることが判明しました。ルビーは、たった12時間で歩くことも聞くことも見ることもできない状況に陥ってしまったのです。
 獣医師が血液検査を行うと、ルビーの血液中のナトリウム濃度が非常に高いことが分かりました。重度の食塩中毒です。その原因は、家にあったソルトランプをルビーがなめてしまったことでした。
 Facebookでは「ソルトランプは動物たちに致命傷を与えるので、ペットを飼っている人は十分に気を付けてください」と警告。6万7000件以上シェアされました。この機会に、みなさんの家の中を確認してみてください。

ねとらぼ

「動物病院」をもっと詳しく

このトピックスにコメントする

「動物病院」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ