突然小魚の群れに覆われたダイバー。その背後から現れたのは、あの巨大な生き物だった

8月14日(火)21時30分 カラパイア

fishsurrounddiver1

 真っ青な海でダイビングを楽しんでいたダイバーが、突然黒っぽい小魚の群れに襲われた。いや、覆われた!

 ダイバーを取り巻くようにベイトボールを形作る小魚たち。それは食物連鎖の下位に生きる生き物たちの、生き残るための知恵だったんだ。


Fish Surround Diver In A Bait Ball For Protection From Shark

 今回の映像が撮影された場所は、エジプト東部のリゾートタウン、ハルガダ沖の紅海だ。ダイバーのトビアス・サックスさんは小魚の群れにまとわりつかれてしまった。

fishsurrounddiver2

 小魚たちが身を守るために、球状の群れとなっている様子を「ベイトボール」というけれど、そのボールの真ん中にトビアスさんがいる状態だ。

fishsurrounddiver3

 ぐるぐると周りを泳ぎながら、しっかりとトビアスさんから離れないようにしている様子だ。

fishsurrounddiver

 と、その背後から静かに現れたのは、巨大なジンベイザメ!
fishsurrounddiver4

 ジンベイザメは、オキアミやプランクトンのほか、小魚たちも主食としている。そのジンベイザメから身を守るため、小魚の群れはダイバーを芯にしてベイトボールを作っていたらしい。

huskyjelousy6

 巨体で知られるジンベイザメだが、その性格は温厚であり、人間を襲うことはまずないと言われている。小魚たちは経験からか本能からか、そのことを理解してこんな行動に出たようだ。

 もちろん温厚だとか穏やかというのは人間からの視点であって、小魚たちから見たら恐ろしい捕食者以外の何物でもない。自らのいのちを守るために、とっさの機転を利かせることができる小魚たち。たかが魚と侮るなかれ。ヤツらは意外にもかなり賢いのである。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイトマランダーから転送したものです。マランダーで前日一番人気の高かった記事を、後日カラパイアの紙面上で紹介しています。

カラパイア

「ダイバー」をもっと詳しく

「ダイバー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ