だって一緒に遊びたいんだもん。犬による他の動物の起こし方。ブタ編、猫編

8月14日(水)0時30分 カラパイア

no title

 ハスキーとポメラニアンのミックス犬、ポンスキーという品種のノバは、他のペットたちとどうしても遊びたい。

 そんな時に限って、ブタのピグルも、猫のヘルメットも寝ているもんだから、何とか起こそうとがんばるんだ。

 ブタのピグルはノバよりもとても大きい。猫のヘルメットはノバとほぼ同サイズだ。でも起こし方にはこんな違いがあるようだ。
・どうしても起こしたい。ブタのピグル編


WAKE UP

 上にのり、お尻を強く猛プッシュ。
 ぐっすり寝ていたピグルだが、ついには起きてしまったようだ。
 かなり強気の起こし方だ。


・どうしても起こしたい。猫のヘルメット編


Wake up and play cat
 
 一方猫のヘルメットに対してはというと...
 わりと消極的にクッションの方をプッシュする
 懇願にも似た下からのプッシュ。

 ヘルメットの方が立場が上なのか、フェイントで肉球を出したり、「にゃんだこら!」と鳴いたりしながら抵抗する。

 結構な妨害行動なのだが鉄の意志で起きることをしないと決めたようだ。

 犬と猫とブタ、様々な動物模様がこの家では繰り広げられているようで楽しそうだね。この家には他にも犬が何匹かいるようで、どの犬も猫のヘルメットが大好きなようだ。
 
 ちなみに、ノヴァは2歳、ピグルは10歳、ヘルメットは2年前から飼っているそうだ。

追記(2019/02/14)本文を一部修正して再送します。


Dogs giving cat love

カラパイア

「ブタ」をもっと詳しく

「ブタ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ