ドアを通るときは必ず後ろ向きで歩く犬

8月27日(火)0時30分 カラパイア

no title

 黒のラブラドール・レトリバー、マックスは今年6歳。彼は今年に入ってから奇妙な習慣がついてしまったそうで、ドアや戸口を通るときは必ず後ろ向きで歩くという。

 ドアを過ぎてしまえばまた普通に前向きに歩くのだが、通るときは絶対に後ろ向き、つまりバック歩行になるというのだ。

Dog Only Walks Backwards Through Doors

 そこにドアがあるから後ろ向きで歩くマックス
2

 家の中のドア、どこでもそうなのだという。
3

 飼い主のメリッサ・フォックス(28)さんによると、マックスにこの奇妙な習慣がついたのは、今年の初め、マックスの母親が亡くなってからだという。

 ドアを前向きで通れなくなってしまったのと、母親がいなくなったことと関係あるのかどうかはわからないが、ドアを後ろ向きで通る以外は普通の犬と変わらず、よく遊び、よく食べてとても元気なのだそうだ。

 人間は衝撃的なことがあると、その時に見たものが恐怖の記憶と結び付けられトラウマとなることがある。マックスも人間同様、ドアと母親がいなくなった恐怖が記憶の中で関連付けられているのかもしれない。

 メリッサさんはマックスの恐怖を取り除くべく、たっぷりと散歩をさせたくさん遊んであげることで励ましているのだという。 

カラパイア

「歩行」をもっと詳しく

「歩行」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ