カラスは道具を使いこなすだけじゃない。道具を使うのを楽しんでいる(米研究)

8月31日(土)16時30分 カラパイア

iStock-1144828317_e
Image by Wendy Love/iStock

 カラスが賢いということはもはや周知の事実だ。何しろ彼らは道具を使う数少ない動物なのだ。なんなら記憶から道具を再現し、最適化することだってできる(関連記事

 だがそれだけではない。新たなる研究によると、彼らは道具を使いこなすだけでなく、道具を使うこと自体を楽しんでいるというから驚きだ。

 カラスだから十分あり得る話だが、『Current Biology』(8月19日付)に掲載されたハーバード大学の研究によると、道具を使うとカラスはよりポジティブな行動をとるのだそうだ。

Clever Crows

 今回の実験が示すのは、人間がクロスワードパズルを楽しむように、カラスは道具の使用を楽しんでいるということだ。

 「彼らの小さな頭の中ではいろいろなことが起きているのではないでしょうか。得意なことや練習したことをやれば満足するんです」とハーバード大学の研究著者、ダコタ・マッコイ氏はコメントする。

・カラスはなぜ道具を作り、それを使うと気分が良くなるのか?

 チンパンジーなど、道具を使う動物は人間以外にもいることはいる。だが、カレドニアガラスはいくつもの複雑な道具を作り、しかも改良まで行うという点で際立った存在だ。

 だが、なぜカラスはそれを作ったり、使ったりすると気分が良くなるのか? マッコイ氏は自分たちが複雑な行為を行ったときの気持ち、それがヒントだと話す。

 「非常に知能の高い動物であっても、私たちはそれを機械のように見てしまいます。私たちに感情があるように、動物だって感情的な反応を見せるし、気分だってあることは明らかです。」

1


・カラスにも達成感がある

 そうした感情のひとつが達成感というものだ。

 「道具を使う力が進化した理由として考えられるひとつの答えは、カラスがものをつまみ上げ、それを蓄えることです。実験をするとわかりますが、カラスは実験器具を掴むのが大好きで、それを手の届かない高いところに隠そうとします。」

 ひとたびカラスが道具を使うようになると、それで彼らはそれで良い気分になった。だから、さらに使い続け、改良し、また新しい道具を作るという行動が促された。まさしく、好きこそ物の上手なれ、だ。

 「おそらくカラスは複雑な行動でエサを取れたからという理由だけでなく、そのプロセス自体が楽しかったために、その行動が強化されたのでしょう。人間をはじめとする霊長類と同じですね。」

3


・真ん中の箱にご褒美は入っているか?

 道具を使ったときのカラスの気分を理解するために、マッコイ氏はある実験を考案した。

 それはコップに半分ほど水を入れ、それを見た人が半分”しかない"と思うか、半分”もある"と思うかで楽観性の度合いを調べる心理テストに少し似ている。

 まずカラスを訓練して、小さな箱がテーブルの左端に置かれた場合は、大きなご褒美(肉3つ)が入っている、右側に置かれた場合は、小さなご褒美(カスのような肉)が入っているということを教えた。

 カラスがこの法則を理解したら、今度は箱をテーブルの真ん中に置いてみる。真ん中はどのようなご褒美が入っているかわかりにくい曖昧な位置だ。

 このとき、もしカラスがさっと近寄って中を調べた場合、カラスは中に大きなご褒美が入っているだろうと楽観的になっていると推測できる。

 反対になかなか近寄らない場合、おそらくは大したものが入っていないだろうと悲観的であると推測できる。

2


・道具を使うことでカラスは楽観的になる

 この一種の心理テストを、数日間いくつかの状況を経験した後でカラスに受けてもらう。

 いくつかの状況とはたとえば、簡単に取れるエサをもらえたり、エサを道具を使って箱から取り出さねばならなかったり、部屋の四隅を飛び回るとエサにありつけたりといったものだ。

 その結果、道具を使ったカラスは、テーブルの真ん中に置かれた箱にずっと素早く近寄ることが判明した。

 一方、ただ大変なだけで道具を使用することがない状況にいたカラスは、楽な状況を経験したカラスに比べると、それほど熱心に真ん中の箱には近寄らなかった。

 「カラスは楽な状況を喜んでいました。それは意外ではありません。意外だったのは、道具を使うのはただ歯ごたえがあるから好きだというわけではないことでした。難しさを調整してみましたが、それで彼らの関心が強くなることはありませんでした。道具を使うというその特定の行為に、彼らが楽しいと思えるものがあるのです。」

5


・動物だって楽しみたい

 もちろんカラスの気持ちを正確に言い当てることは不可能だ。だが、動物の気持ちをどうにか推測しようと試みた研究は、マッコイ氏のものが初めてどころか、いくつもある。

 しかし彼女によると、これまでの研究はどれも飼育されている動物を対象としたもので、状況の変化が彼らの気分をどう変えるかといったものばかりであるそうだ。

 「オリを大きくすれば動物の気分が良くなるといったことは大勢が示してきましたが、今回は複雑で楽しい作業でも気分が良くなることを実証しています。」

 これは飼育されている動物をもっと幸せにする方法を示しているだろうと、マッコイ氏は考えている。

 ただ食べ物やおもちゃを与えられるよりも、多少やりごたえのある作業をこなして欲しいものを獲得したほうが、動物はずっと満足できるのかもしれないのだ。

 そうした気持ちは自分を振り返ってみればよくわかるだろう。苦労して欲しいものを手に入れたときの嬉しさといったら! 動物だってそんなワクワクを求めているのかもしれない。

References:Like humans, crows are more optimistic after making tools to solve a problem – Harvard Gazette/ written by hiroching / edited by parumo

カラパイア

「カラス」をもっと詳しく

「カラス」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ