お手からのアゴぽん! 勘違いワンコの“お手”が可愛すぎて「もうこれが正解」

9月14日(月)14時38分 BIGLOBEニュース編集部

提供:弓木らん(@Yumiki_ran) さん

写真を拡大

前足を乗せる“お手”なのに、アゴ乗せまで追加してしまう犬がTwitterに投稿され、可愛いくて面白いと反響を呼んでいる。


マルーキーのビーちゃん(2歳半)は、手を差し出す飼い主の動作が“お手”のコマンドだと理解。手を差し出されると、前足をポンと乗せるという愛らしい“お手”を披露してくれる。しかし、これだけでは終わらないのがビーちゃん。次の「おーて」という声のコマンドに備えて飼い主に近寄り、ぴったりのタイミングでアゴ乗せ。これが正しい“お手”だと信じて疑わないビーちゃんは、真剣な表情で正しくない“お手”を繰り返した。


飼い主によると、このスタイルは練習開始から半年ほどで習得したものだが、当初は「お手」→「アゴ」と別々のコマンドだった。しかし、すばやく連続して出しているうちに、「早くご褒美のおやつが欲しくて予測で繋げてしまった」のではないかとのこと。なお、5回くらい続けていると「あれ、ちがうのかな?」と考えるのか、「フセ」や「まわれ」を差し込んでくるという。


このビーちゃんの“お手”を飼い主が「もうこれが正解でいいよ」と投稿したところ賛同の声が殺到。「大正解」「可愛いからヨシ!」「『それはお手じゃない』とか言えないよね」といったコメントなどが寄せられ、大きな反響となっている。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「Twitterで話題」をもっと詳しく

「Twitterで話題」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ