ドーベルマンの「ヨーロピアンタイプ」と「アメリカンタイプ」の違いは?

9月17日(日)15時0分 わんちゃんホンポ


ドーベルマンのヨーロピアンタイプとアメリカンタイプ

欧米国旗


ドーベルマンと聞くと,警察犬として活躍している筋肉質で強じんな体を持った黒い犬を思い浮かべる人も多いのではないかと思いますが,それはドーベルマンの中でもヨーロピアンタイプと呼ばれる種類です。ドーベルマンはヨーロピアンタイプの他にアメリカンタイプと呼ばれている種類があり,まず見た目からして全く違います。


ドーベルマンのヨーロピアンタイプは,軍用犬や警察犬としての任務が遂行できるほどの犬種です。首は太く胸板は厚く体が大きいので他の犬を委縮させるほどの威厳を持っています。犯人や敵に向かって時として牙をむき,勇敢に立ち向かってくるその様子は,人間をも恐怖に陥れるほどの迫力があります。


お金持ちの屋敷の敷地内に何頭ものドーベルマンが番犬として放し飼いにされている風景を,映画やドラマで見たことはないでしょう?まさしくその犬がドーベルマンのヨーロピアンタイプです。


アメリカンタイプは,スレンダーな体が特徴の家庭でペットとして飼うことができるドーベルマンです。体の大きさもヨーロピアンタイプより小さめで,性格も飼い主に忠実なので飼育がしやすい犬種であると言えます。


ドーベルマンのヨーロピアンタイプとアメリカンタイプの性格の違い

少女とドーベルマン


ドーベルマンのヨーロピアンタイプは,何と言ってもその見た目の怖さが特徴です。目つきは鋭く,体は黒く大きいので人間でもにらみつけられると引いてしまうような怖さがあります。性格も扱いにくく,人に抱かせるまで大変手間が掛かる犬種である,という感じに思ってしまうのは仕方がないのかもしれませんが,実はドーベルマンはヨーロピアンタイプもアメリカンタイプも人懐っこくて甘えん坊で,人間にとても忠実なのです。このような点から見た目とのそのギャップが良いと,ドーベルマン愛好家はよく言っています。


ドーベルマンはヨーロピアンタイプでもアメリカンタイプでも,性格の違いはほとんどありません。ただし,警察犬用として襲撃の訓練などされているドーベルマンのヨーロピアンタイプは,たとえ飼い主と言っても危険が伴います。また,独自にそのような訓練を行ってしまうと,何かのはずみで飼い主に襲い掛かるという危険性もあります。


ドーベルマンはヨーロピアンタイプもアメリカンタイプも,もともとは温厚な犬種ですが,訓練に忠実な犬でもあるので,必要がないのであれば余計な訓練はしていけません。特にヨーロピアンタイプはアメリカンタイプに比べると体も大きく,体力もあるので,犬の飼育経験がない方や大型犬に不慣れな方が簡単に飼うのは難しいと考えておくべきでしょう。


ドーベルマンのヨーロピアンタイプとアメリカンタイプの体格の違い

色違いドーベルマン


ドーベルマンのヨーロピアンタイプとアメリカンタイプでは,体の大きさが違うことを前述しましたがいったいどのくらいの違いがあるのでしょうか?


ドーベルマンのヨーロピアンタイプとアメリカンタイプでは,生後6か月の時点で既に平均体重や平均体高にはっきりとした違いが出てきていて,ヨーロピアンタイプの平均体重が31kg,アメリカンタイプの平均体重は27kgです。この時点で4kgの違いがあるので,並べて比べて見てみると一目でその違いが分かります。


ドーベルマンはヨーロピアンタイプもアメリカンタイプも,成犬になるまで三年ほど掛かりますが,最終的にアメリカンタイプよりもひと回りもふた回りもヨーロピアンタイプは大きく成長していきます。
ドーベルマンの平均体重は30kgから45kgなので,ヨーロピアンタイプとアメリカンタイプの体格の違いはこの上限下限ほど開いていても不思議ではありません。


首も太く筋肉質な体で,犬のサラブレットとも言われるほど美しい筋肉美が特徴のヨーロピアンと,細くしなやかな女性を連想させるような,美しい体型のアメリカンタイプでは,同じドーベルマンでも見た目が全然違います。しかし,どちらもそれぞれ違った美しさを兼ね備えている犬種であると言えるでしょう。


ドーベルマンのヨーロピアンタイプとアメリカンタイプの飼育方法の違い

躾ける女性


ドーベルマンはヨーロピアンタイプでもアメリカンタイプでも,性格は甘えん坊で忠実な犬種であり,その見た目からは想像もできないほど愛きょうのある性格です。


ただし,ドーベルマンのヨーロピアンタイプは体が大きく運動能力も高いので,ペットとして飼育するならば,キチンとしつけをしなくてはなりません。そもそも攻撃性が強いわけではありませんが,超大型犬でもあるドーベルマンのヨーロピアンタイプは,飼い主さんがしっかりと言葉で行動を抑えることができるようにしておく必要があります。


アメリカンタイプの場合はそれほど大きくはならないので,ヨーロピアンタイプほど神経質になる必要はありません。ただしアメリカンタイプはヨーロピアンタイプよりほんの少し敏感なところがあるので,その点だけは注意が必要です。どちらも飼育場所は屋内が望ましいでしょう。暑さや寒さに弱い犬種なので,人間と同じ温度や空間での飼育が適しています。


まとめ

耳カバーする2匹のドーベルマン


ドーベルマンのヨーロピアンタイプとアメリカンタイプの違いを一言で言えば大きさです。ドーベルマンのヨーロピアンタイプは超大型犬で,アメリカンタイプは大型犬か中型犬程度の大きさです。ドーベルマンのヨーロピアンタイプもアメリカンタイプも,性格は見た目と違って温厚で甘えん坊なので,しつけだけはしっかり行ってかわいがってあげましょう。



わんちゃんホンポ

この記事が気に入ったらいいね!しよう

アメリカをもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ