ペットホテルで一夜を過ごしたオス猫。ハーレム状態で5匹のメス猫を抱き、精魂尽き果て点滴を受ける(中国)

10月7日(月)22時30分 カラパイア

maxresdefault_e
Lord Spoda / youtube

 ハーレム状態でヒャッホー!とハッスルしすぎたために体力を使い果たし、ぐったりと疲れ果てて点滴治療を受けるハメになった猫がいるようだ。

 中国・広東省に住むチャオ氏は先日、愛猫でロシアンブルーのシャオピくんをペットホテルに預けることにした。

 チャオ氏はシャオピを去勢していないことをスタッフにしっかりと伝えた後、一晩預かってもらったにもかかわらず、夜間は宿泊中の猫たちが自由にホテル内を歩き回れる状態になっていたという。

 これが予想外のトラブルへとつながってしまったのである。

Cat needs glucose drip after mating with five females in single night

・深夜のペットホテルで抱きに抱きまくっていたオス猫

 事件はペットホテルのスタッフが帰宅した夜間に発生した。このペットホテルではどういうわけか猫たちをケージに入れず、店内を自由に歩き回れる状態で残していたようだ。

 そのためシャオピくんはかわいいメス猫を選び放題、口説き放題で、ハッスル!ハッスル!と次々とメスを抱きにいったらしい。

 翌日、チャオ氏が迎えに行くとシャオピは何かをやりきった感がありつつも、驚くほど疲れきった様子だったという。

c2
image credit: youtube

 何かおかしいぞ?と疑問を抱いたチャオ氏はペットホテルのスタッフに確認し、防犯カメラの映像を見せてもらうことに。

 するとそこには衝撃の現場映像が記録されていた。

ペットホテルのスタッフたちはプロだと思っていた。しかし日中はエサをやらず、夜間は自由に歩き回らせていた。

シャオピだけじゃない。すべての猫が店内を自由に歩き回り、その状態で従業員は帰宅していた。

防犯カメラの映像で確認できただけでも、午後10時40分から午前5時までの間に、シャオピは5匹のメスと交尾していた

とチャオ氏。

c3
image credit: youtube

・ホテル側はチャオ氏に責任転嫁するも、ようやく過ちを認める

 チャオ氏によるとペットホテルのスタッフはこの事件を「チャオ氏のせいだ」とメス猫のオーナーたちに伝えたのだという。チャオ氏はホテル側にあらかじめ去勢を受けてないことを伝えているにもかかわらずだ。

 さらに、「メス猫のオーナーたちに状況説明して欲しい」と依頼するなど、ホテル側はチャオ氏にその責任を転嫁した。

 これにチャオ氏は激怒。シャオピは疲れ果ててブドウ糖の点滴を受けているのになんてことだ!と苦情を伝えた。

 するとようやくホテル側は謝罪して治療費を支払う申し出があった。


・続々と誕生予定のシャオピの子孫猫たち

 シャオピとの一夜の情事で妊娠してしまったメス猫もいたようで、ホテル側は、妊娠したメス猫のオーナーにも約7400円を支払い、産まれた子猫を引き取り、彼らに代わって販売すると約束したのだとか。

 また、チャオ氏のもとには、あるメス猫のオーナーから連絡があり、妊娠していた場合、子猫を譲渡するか、約1万5000円を支払うといわれたそうだ。

 中国では、血統書付きのロシアンブルーだとその価値は約4万6000円〜13万円以上とされている。情事の末に生まれてしまった子供たちだが、幸せな暮らしを送れる家庭が見つかることを願うばかりだ。

 なお、シャオピはその後、順調に回復して安定した状態にあるとのことだ。シャオピくんが元気になって何よりだけど、まあ何事もやりすぎ注意ってことだな。

References:YouTube/ Daily mailなど / written by usagi / edited by parumo

カラパイア

「ペット」をもっと詳しく

「ペット」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ