「地球滅亡の日に何食べよう」 いろいろ心配しすぎるワンコを描いた漫画がいとおしい

10月10日(水)21時0分 ねとらぼ

謎のトーナメントが展開されています

写真を拡大

 いろいろ心配しすぎておかしなことになっているワンちゃんの漫画がTwitterで話題になっています。
 部屋の隅で大きな紙を広げてトーナメント表を作っている“しんぱいいぬ”さん。「キャビアは食べたことないから不戦敗」「ジーマーミー豆腐はサイドメニューだからメインに足してOK」などと言いながら何やら書き込んでいます。
 それを見かけた“とさ”さん、しんぱいいぬさんに何をしているのか聞きます。しんぱいいぬさんは食べ物の名前が並んだトーナメント表をとささん見せ、「地球滅亡の日に何を食べるか決めておこうと思って」。とささんは「どうして今日それをやる運びになったか知りたいわ」と突っ込み。よく見るとトーナメント表には「第17回」という文字が見えます。過去16回はどんな結果になったのか気になる。
 この漫画を投稿したのは、やじま商会さん。人語をしゃべるクマさんが動物の通訳を始める漫画などを手掛けている漫画家さんです。リプライ欄には「地球滅亡の日にはお店もやってないと思う」という現実的な意見のほか、「考えながら尻尾ふってて楽しそう」「逆にポジティブ」という書き込みも。確かに「地球滅亡の日」すら楽しみに変えようとするしんぱいいぬさんの思考にはポジティブなパワーを感じます。
 「しんぱいいぬ」シリーズはやじま商会さんのサイトでも公開中。「電車の中で自分の横の席だけ空いている」「出掛けるときに必要以上に大荷物になってしまう」などのあるあるから、「水道からカッペリーニがたくさん出てきたらどうしよう」という誰も思い付かないような心配事まで面白いストーリーが並んでいます。しんぱいいぬさんに寄り添うとささんも良いキャラクター。しんぱいいぬさんを思う優しさを感じます。
画像提供:やじま商会さん

ねとらぼ

「漫画」をもっと詳しく

「漫画」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ