呼ばれると転びながらでも駆け寄ってくるペンギンさん 周りが見えなくなるけなげな姿がかわいい

10月10日(木)21時0分 ねとらぼ

真ん中の集団の1匹に注目

写真を拡大

 大好きなスタッフさんに呼ばれて周りが見えなくなってしまうペンギンさんの様子がTwitterで公開され話題を集めています。仲間が見えなくなるとは、いくら何でも周りが見えなくなりすぎでは……?
 動画が撮影されたのは東北サファリパーク(福島県二本松市)。たくさんのペンギンが思い思いに過ごしている中、スタッフさんが「相葉さーん」と1匹のペンギンに呼び掛けます。自分の名前が呼ばれたことに気付いた4歳の女の子ペンギン「相葉」さん。声を掛けたスタッフさんの元へと急ぎますが、腹ばいになっていたペンギンの「黒田」さんにつまづき転んでしまいました。
 すぐに起き上がった相葉さんはスタッフさんの元へ一直線で向かい、うれしそうな様子を見せます。Twitterのリプライ欄では「猫じゃないけどまっしぐら」「一心不乱」と、周りが見えなくなった相葉さんにほほえましい声が集まっています。
 ちなみにその後、寝転んだ人間を挟んで相葉さんに呼び掛けてみたそうですが、どうも人間は踏まないようです。さらに名前を呼ばなくても相葉さんはスタッフさんへ寄ってくることが判明。相葉さんは雛だった頃、人工育雛(いくすう)で育てられたので、こんなに人懐っこいペンギンへと成長したそうです。
 園内のペンギンは日本の名字から名付けられており、以前に紹介したサプライズ企画のPR係のペンギンも「出川」さんでした。相葉さんの名前の由来は人気グループの「嵐」。なんと嵐のメンバー全員の名字がそろっています。東北サファリパークでは約900頭の動物が飼育されています。相葉さんや踏まれてしまった黒田さんにはアザラシ・ペンギン館で会えるかもしれませんよ。
画像提供:東北サファリパーク サル劇場 公式

ねとらぼ

「ペンギン」をもっと詳しく

「ペンギン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ