保護猫を『弟』として受け入れたはずが? 先住猫の変化に冷や汗

11月6日(水)13時46分 grape

黒猫の『くろも』くんと子猫の『ぽんず』くんの飼い主である、In.S_そーい(in.s_soi)さん。愛猫たちとの日々を漫画に描き、人気を博しています。

保護猫のぽんずくんを新たな家族として迎えた時のこと。先住猫のくろもくんは最初戸惑っていましたが、8日目にぽんずくんを自分の弟として受け入れてくれました。

『保護猫』の子猫が家に来た! すると、繊細な先住猫があたふたして?

しかし、それから数日後にくろもくんの様子がおかしくなってしまったといいます。

鬼のような『おにも』降臨!

ブチ切れおにもさん

鬼教官が指導する猫社会

くろもくんの対応にハラハラしながらも、「猫社会のルールを教えているのだ」と信じて見守ることに決めたInさんたち。

しかし、心臓に悪い日々は続きます。

心配されるおにも

ケアをされるおにも

「ストレスが溜まっているのでは」と思ったInさんたちは、くろもくんのケアをしていました。

それでも、くろもくんはぽんずくんに対して鬼教官のように接し続けたのです。

一方のぽんずくんは…

おにもの変化

角が取れたかも?

鬼のようになってしまったくろもくん。ですが、次第に態度が軟化してきたのです!

ぽんずくんと寄り添って眠るようになった後日、さらなる変化がありました。

2匹は兄弟のように

仲がいい2匹

さよなら、おにも

くろもくんの教育のおかげか、ぽんずくんはまったく人に噛みついたり引っかいたりしない、とってもいい子になりました。

また、ぽんずくんを指導していく中でくろもくんも成長し、同じく『人を傷付けない子』になっていたのです。

漫画には、「ハラハラしながら読んで、ラストで泣いた」「多頭飼いのよさですね。素敵な兄弟です!」などのコメントが相次いでいます。

似た者同士のほうがなじみやすく学び合えるように、飼い主と猫ではなく、猫同士のほうが学習しやすいこともあったのかもしれません。

これからは兄弟仲よく、穏やかな日々を送ってくれることでしょう!


[文・構成/grape編集部]

出典 in.s_soi

grape

「保護」をもっと詳しく

「保護」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ